【知ってる?】オールシーズンタイヤはチェーン規制でも走行可能!

【知ってる?】オールシーズンタイヤはチェーン規制でも走行可能!

豪雪地域以外の人なら1年通して装着可能
コストも保管スペースも節約できる

チェーン規制が発令された道を通行するには、タイヤチェーン又は冬用タイヤの装着が必要だ。「冬タイヤ=スタッドレスタイヤ」と思われるだろうが、実はオールシーズンタイヤも含まれているのだ。
豪雪地帯でなければ、1種類のタイヤで季節を問わず走れるというわけ。つまり、使用していない期間のタイヤを保管するスペースも必要ないし、タイヤ交換にかかるコストも抑制できる。オールシーズンタイヤ

すっかりスタッドレスタイヤの装着が当たり前になり、冬タイヤの代名詞となっているが、スタッドレスというからには「レス」ではないタイヤがあった。
それがスパイクタイヤで、スノータイヤの表面にスパイク/ピン(突起物)を埋め込み、雪道や氷盤路を走行できるようにしていた。スパイクタイヤ

降雪地では、冬用タイヤとしてこのスパイクタイヤが使われていたが、舗装路を走行すると路面(アスファルトなど)を削ってしまい粉塵公害を巻き起こしたのだ。そのため1991年に日本ではスパイクタイヤは一部の緊急車両等を除いて使うことができなくなってしまった。
このスパイクタイヤの代わりとして、登場した冬用タイヤがスタッドレスタイヤである。スタッドレスタイヤ

実は、冬用タイヤはスタッドレスだけではないことをご存じだろうか?
夏タイヤは低温時にグリップ力が低下するなどが本来の性能が発揮できないことから、低温でもタイヤのゴム(コンパウンド)が硬くなりにくく、グリップ力を発揮できるウインタータイヤと呼ばれるタイヤが作られた。ヨーロッパでは外気温が一定以下になると、このウィンタータイヤ装着の推奨、一部の地域では義務化されている。アウトバーン

ここで注目したいのが、日本のスタッドレスタイヤは氷盤路の性能を高め、どちらかというと積雪路の性能を重視しているのに対し、海外のウインタータイヤは冬季の舗装路を走行することを前提にしていること。
それゆえ海外のウインタータイヤは、日本のスタッドレスタイヤが苦手とする大雨の走行でも高い排水性能が確保され(ハイドロプレーニング現象を起こしにくい)、高速走行の安定感も高いのだ。オールシーズンタイヤ

このところウインタータイヤの代わりとして注目されているのがオールシーズンタイヤ。その名の通り、四季を問わずに走れるタイヤだ。
かつては泥道+浅雪性能のタイヤということでM+S(マッド&スノー)タイヤであったが、近年は冬用タイヤであることを示す「SNOW」マークや「スノーフレーク」マークが付けられるほどの雪道性能を持っている。ちなみにSNOWマークは日本、スノーフレークマークはASTM(世界最大の民間・非営利の国際標準化・規格設定機構)が定めた冬タイヤの証しである。

もちろん、舗装路での走行安定性や耐ハイドロプレーニング性能も高い。スピードレンジ(タイヤが持つ最高速性能)は「H」と210km/h(一般的なスタッドレスタイヤはQ・160km/h)と余裕の高速性能が与えられているのだ。オールシーズンタイヤ

今から約40年前にオールシーズンタイヤを開発したグッドイヤーは、日本向けに「ベクター4シーズンズ・ハイブリッド」というタイヤを発売している。オールシーズンタイヤこのタイヤは「M+S」「スノー」「スノーフレーク」という3つのマークを持っており、オールシーズンタイヤでも高速道路などのチェーン規制にも対応しているのだ。

過酷な積雪・凍結地帯に住んでいるのであれば冬季にスタッドレスタイヤは必須だが、それ以外の地域ならオールシーズンで十分。さすがに夏タイヤよりは摩耗は早く、転がり抵抗も大きいかもしれない。
だが、スタッドレスタイヤのように乾燥路を走行すると摩耗が早まることもなく、転がり抵抗は低いので燃費低下は少ないところも魅力だろう。オールシーズンタイヤ

そしてスタッドレスタイヤと夏タイヤの使い分けをするのに比べ、オールシーズンタイヤの最大のメリットは1年中履きっぱなしだから保管スペースが必要ないことだ。さらにタイヤの履き替え工賃も必要ナシ!

このようにオールシーズンタイヤは、タイヤに掛かるコストを抑えることができるというわけだ。

グッドイヤー https://www.goodyear.co.jp

TEXT:佐藤幹郎


画像ギャラリー