「キャンピングカー・サークル」って? 仲間との交流でビギナーでも貴重な情報を得られる

「キャンピングカー・サークル」って? 仲間との交流でビギナーでも貴重な情報を得られる

集まる目的や車種は多種多様。
サークルに参加で充実のアウトドアライフを!

「キャンピングカー倶楽部」「アミティーズ」「くるま旅クラブ」など、キャンピングカーでよく見かけるステッカー。どうやらキャンピングカーのサークル名のようで、他にもたくさんのサークルがあるのだそう…。一体、サークルってナニ? どんなメリットがあるの?
じつは、同好同士の集まりだからこそ、貴重かつ役に立つ情報を得ることができるのだ。

情報交換や共に遊んで交友を深めるのが目的

キャンピングカー,アミティーズ道の駅やオートキャンプ場などで「キャンピングカー倶楽部」や「アミティーズ」といったステッカーを貼っているキャンピングカーが非常に多い。
これらはキャンピングカーのサークル名を表したステッカー。キャンピングカー仲間でオフ会やキャンプ大会を行い、キャンピングカーに関する情報交換や、共に遊んで交友を深める目的とした人たちの集まりだ。

なかでも最もメンバーが多いのが「くるま旅クラブ」で、これはキャンピングカーの製造や販売会社などが主導する「日本RV協会(JRVA)」傘下のキャンピングカーのオーナーズクラブで、キャンピングカーユーザーの公的機関のようなサークル。

会費制のクラブだが、会員のクラスにより、キャンピングカーショーの入場チケットが貰えたり、提携する宿泊施設やフェリーなどの優待が受けられる。
基本的にはJRVAが定めたキャンピングカー(JRVAのステッカー貼付車)が対象だが、下のクラスならキャンピングカー未所有やJRVA未承認車でも入会できる。

ビルダーや販売店関係や同一車種だけのサークルも

そして意外にも多いのが、キャンピングカーのビルダーや販売店が関係するキャンピングカーのサークル。軽キャンパーからバスコンまでを製造販売するフィールドライフの「友遊倶楽部」やバンコンやトレーラーの製造販売するケイワークスの「オーロラ・ファミリーキャンプクラブ」などがある。
キャンピングカー,オーロラ・ファミリーキャンプクラブこれらのサークルは、ビルダーが製造したり販売したキャンピングカーのオーナーを対象にした集まりで、ショップで開催するキャンプ大会に参加できたり、グループ内のメンバーが集まって交友したり情報交換などを行っている。
またショップが少なからず関与しているサークルもあり、小型キャブコンのアミティのオーナーたちが対象となる「アミティーズ」やマッシュのオーナーによる「マッシュ・スターズ」など、同一車種だけのサークルもある。
なかでも「アミティーズ」は製造元のエートゥゼットの関係者が幹事をする全国組織で、各地で大規模なキャンプ大会を行ったり、地域ごとのオフ会などを開催している。
これらのショップなどが関与するサークルは、基本的に会費などはないものの、ショップに関係するキャンピングカーを所持するオーナークラブなので、各ショップのキャンピングカーを所持しないと入会は難しい。

最近広がりをみせる「キャンピングカー倶楽部」や「キャンピングトレーラー友の会」

最近、勢力を広げているのが、キャンピングカー好きが運営する「キャンピングカー倶楽部」や、トレーラー好きが運営する「キャンピングトレーラー友の会」などである。これらはおもにフェイスブックなどのSNSなどで情報交換などを行うサークルで、メールでキャンピングトレーラーの情報交換やオフ会の開催を通知する「キャンピングトレーラー・メーリング・リスト(TML)」などもある。
キャンピングカー,キャンピングトレーラー友の会これらのサークルのメンバーになるには、会員から推薦してもらい、その後に運営責任者から承認を得なくてはならない。また、ほとんどのサークルはSNS上での情報は非公開となっているので、情報を共有できるのは会員のみとなっている。
以前はSNSの公開グループで、会員が数千人のサークルもあったが、営業目的の業者が参加し、個人情報などが漏洩して閉鎖となってしまった。

バスコン、バンコンサークルなど、グループは多種多彩

キャンピングカー,キャンピングカー倶楽部ほかにも、バスコン乗りと関係者が参加している「やっぱバスコンでしょう」や、バンコン乗りが集う「バンコンクラブ」、キャンピングカーやキャンピングトレーラーを問わず管理人の推薦や紹介者だけが参加できる「飲酒の会」といった、キャンピングカーに関係なさそうなグループなどもある。
これら多彩なキャンピングカーのグループは、定期的なオフ会をキャンプ場などで開催し、なかには「キャンピングトレーラー友の会」から派生した、キャンピングカーやキャンピングトレーラー、関連パーツからアウトドアグッズまで、不要となった物を個人売買する「キャンピングトレーラー&パーツ販売情報」をSNSで発信するグループもある。

入手困難なパーツ情報など、サークルのメリットは数多い

このようなキャンピングカーに関するサークルに入会するメリットは、同好の仲間たちと仲良くなれる点もあるが、様々な情報交換ができることだ。
例えば、大型キャンピングカーやトレーラーでも利用できるオートキャンプ場の情報や、車載のプロパンガスボンベを充填してくれるガススタンドの場所や料金といった、旅先での必要情報を教えてくれたりする。さらに不要のパーツ売買や入手困難なパーツ情報といった情報交換を頻繁に行うグループもある。
その具体的なサークルの活動は次回以降に解説しよう。

 


画像ギャラリー