話題の汎用スポイラーをフィルム&塗装でアレンジしてみた

話題の汎用スポイラーをフィルム&塗装でアレンジしてみた

予算をかけずにDIYでできちゃう、
お手軽リップスポイラーを個性化!!

クルマのフェイスイメージを変えるために欠かせないのが、フロントリップスポイラー。車種専用に開発されたエアロパーツは、フィッティングやデザインについては完璧なのだが、塗装や工賃を含めるとそこそこの予算は必要となる。
そこで、注目を集めるのが手頃な価格かつDIYでも装着可能な汎用スポイラー。これまでも多くを紹介[汎用スポイラーでフロントバンパーにアクセントをプラス!]してきたが、フィルムや塗装でアレンジしてみてはどうだろう。

低予算でさらなる個性化が狙えそうですよ!汎用リップスポイラー、イージーリップ

 

使用した汎用スポイラーはコチラ!!
純正バンパー下に両面テープで貼り付ける、発泡ゴム製の汎用スポイラー。
柔軟性に優れるからキツめのアールにもしっかりと沿い、ゴムだから必要な分だけをハサミでカットして使えるなど、汎用性と使い勝手もバツグン。ホワイト、レッド、グレー、ブルーの全4色。汎用リップスポイラー、イージーリップ
イージーリップ(長さ259cm) ¥7,344

 

カーボン調フィルムでスポーティに!

まずはラッピングでのアレンジに挑戦。「イージーリップ」は素材に含まれる油分のせいで、そのままではフィルムが密着しづらい特性を持つ。そのためまずはプライマーでしっかりと脱脂してから作業してみた。
そして使用フィルムは、量販店でも購入できるカーボン調フィルム。幅150cm以上が理想だが、長さが足りなかったために継ぎ足して貼った。シルバーカーボン系のフィルムもオススメ。汎用リップスポイラー、イージーリップ

 

オススメのプライマーは、カスタム業界でも有名な「3M・PACプライマーK-500」。塗装前にしっかりと脱脂し、油分を取り除いておくことが成功の秘訣だ。汎用リップスポイラー、イージーリップ

次に貼り付け。カーボンフィルムは裏側まで巻き込むと、曲面でどうしてもシワが出てしまう。そのため、形状によっては表面だけにフィルムを貼り付けるといいだろう。
しっかりと粘着してくれるフィルム選びも重要である。汎用リップスポイラー、イージーリップ

 

 

ペイントで個性化をアップを狙う!

次はペイントに挑戦。一般的な塗料だと、柔軟なスポイラー本体が伸縮した際に、塗膜が割れてしまいやすい。
そこで使用したのが、話題の”はがせるラバー塗装”。塗り方は一般的な塗料と同じ。汎用リップスポイラー、イージーリップ

 

黒の上には塗料がノリにくいため、塗装前提ならば白かグレーの汎用リップスポイラーがオススメ。
まずは本体をしっかり脱脂し、スプレーで何度か重ね塗りをしていく。今回は、ピンクとガンメタに塗装し、ラバー製のツヤありクリアを重ね塗りしてみた。汎用リップスポイラー、イージーリップ

 

単に装着するだけでもしっかりとした存在感を得られるのだが、ここにラッピングやペイントを施せば、個性化が狙える。
DIYでも簡単なので挑戦してみる価値はありそうだ。


画像ギャラリー