年代を超えたVW ザ・ビートルの現代版カスタム【Beetle Meeting in Kyoto】

年代を超えたVW ザ・ビートルの現代版カスタム【Beetle Meeting in Kyoto】

熱狂的なザ・ビートルファンが
京都・嵐山高雄パークウェイに集結

ビートルファミリーが音頭を取り開催された「BEETLE MEETING in京都」。
いまや関西屈指のオフ会ポイントとなった嵐山高雄パークウェイには70台のビートルが集結。参加条件はビートルのみということで、コテコテのスタイルアップ派からノーマル派まで幅広く、関東からの遠征組もチラホラ見かけるなど、ファンの結束の強さを確認することができた。

というわけで、注目のオーナーカーをピックアップ。

 

 

艶やかなターコイズメタリックブルーにオールペンされたザ・ビートル。
オーナーは華麗な女性なのですが、ワンオフ車高調でベッタベタにローダウン。見てるコッチが”大丈夫かよ”と心配になりますが、本人はもっと過激なカスタマイズを希望というから、笑うしかありません。

 

鮮やかなボディカラーを纏ったカブリオレには、サラッと落とした足元にホイール『クラッチSL14』を装着。
元々は前後8.5Jだったがリアを9.5Jに変更し、よりドッシリとしたスタイリングに進化させていました。シートもボディ色に合わせた『レカロ』に変更していてオシャレです。

 

こちらのカブリオレはボディをラッピング。「ハルト」のエアロをコーデし、内装は各部を赤でペイント。ワンオフヒッチメンバーでラックを装備するなど、ちょっと他にはないイジり方が目を引きました。

 

はるばる東京からお越しの遠征組。イエロー×ブラックのザ・ビートルは、『ロティフォーム』の20インチ履きで、「ハルト」のサイドステップ&リアウイング、さらにワンオフマフラーも装着。

 

『マイスターS1』&『スタティック車高調』なんて、いわゆるビートルの王道スタイルからは掛け離れたやんちゃなマッチング。この車高でも以前より随分と快適になったそうです。

神奈川県から駆けつけたというカブリオレ。
「TWS」の20インチ履きにエアサス「エアレックス」で着地という強烈仕様です。ボディカラーを意識した『レカロ・スポーツスター』を装着するなど、とにかくゴージャスな印象。

(レポート:オートファションimp編集部)


画像ギャラリー