【R’s Meeting 2018】ロブソンレザーが「GT-Rロゴ」入りレザーシート張り替えサービスを開始

【R’s Meeting 2018】ロブソンレザーが「GT-Rロゴ」入りレザーシート張り替えサービスを開始

第2世代GT-R用シフトブーツなど特価品も用意

静岡県の富士スピードウェイで9月9日に開催される世界最大級のGT-Rの祭典「R’s Meeting 2018」。
毎年日産スカイラインGT-RおよびR35型GT-Rのチューニングやドレスアップなどを得意とするメーカー&ショップがブースを連ねるのだが、今年の出展社の中でも注目なのが「ロブソンレザー」。
本革でのシート張り替えを得意とする同社は、R32〜34スカイラインGT-RおよびR35型GT-R向けとして日産公認『GT-Rロゴ』(現段階では監修中)レザーシート張り替えメニューを登場させる。ロブソンレザー

「ロブソンレザー」は、約20年前から良質なレザーを使ったシートの張り替えを行ってきた。その数2000台以上という実績を持ち、シート自体の経年劣化に悩む第2世代GT-Rと呼ばれるR32~34スカイラインGT-Rオーナーたちから高い支持を受けていた。ロブソンレザー

そのように純正シートのレザー化を希望するオーナーにとって、第2世代GT-Rで唯一本革シートを純正採用したのR34GT-Rの限定モデル『Mスペック』のフロントシートの背もたれに刺繍されていた「GT-R」のロゴは憧れ。
ロブソンレザーでレザーシート張り替えの施工するオーナーたちからは、「GT-Rのロゴを入れてほしい」という要望がたくさんあったそうだ。
しかし、「GT-R」のロゴには、当然日産の著作権があり、例え個人車に付けるモノでも許されない。

そこでロブソンレザーの中村代表は、そんなオーナーたちの要望に応えるため、日産にロゴの使用許諾を申請したわけだ。

そんなGT-Rロゴ入りレザーシート張り替えメニューが、いよいよスタート。R’s Meetingの会場で初お披露目となる。ただ、開催時はまだ「監修中」となっているが、間もなく承認されることは間違いない。

ちなみに純正シートがベースとなるだけで形状やデザインはそのまま。ご存じのようにGT-Rロゴは、R32〜35型GT-R各モデル毎に異なっている。それゆえシートの張り替えで刺繍するロゴデザインは、モデル毎に使い分けることになっている。

ちなみに使用するレザーは、BNR32用が最高級本革で滑らかな表面が特徴のナッパーレザーで、BCNR33とBNR34用はスタンダードレザーとなるそうだ。
これらは、すでに同社に存在するメニューで、前後シートの張り替えでナッパーレザーが30万円、スタンダードレザーが25万円となっている。
これにGT-Rロゴをフロントシート2脚に施すと、前述の価格に+20%くらいの費用になる模様。まずは、ブースでその出来映えを確認してほしい。また、ブースには第2世代スカイラインGT-R用のシフトブーツやサイドブレーキブーツ&レバーがイベント特価で販売される予定。

そのほかステアリング張り替えもお得なイベント価格で予約を受け付けるそうだ。

ロブソンレザー TEL03-3656-6477
http://www.robson-leather.co.jp/


画像ギャラリー

第23回 CAR&CUSTOMIZE MOTOR SHOW 大阪オートメッセ2019 2019 2/9(土)、10(日)、11(月・祝) 9:00〜18:00 in インテックス大阪 〜 チケット好評発売中!