スズキ純正「全方位カメラ」を諦めず好みのナビが装着できる!

スズキ純正「全方位カメラ」を諦めず好みのナビが装着できる!

車両側の配線加工不要で社外ナビに接続できる
『全方位モニター用カメラ接続アダプター』

「データシステム」が、スズキ純正全方位モニター用カメラからの映像を社外ナビでも映し出せる『全方位モニター用カメラ接続アダプターRCA092K』を登場させた。

リーズナブルなナビでコストを抑制したい、高音質多機能なナビを装着したいというユーザーにとって、今までの「全方位モニター用カメラ」という安全運転支援装備と好みのカーナビゲーションのどちらを選ぶか? というジレンマから脱却できることになったわけだ。全方位モニター

スズキ・スペーシアおよびスペーシアカスタム、クロスビー、ソリオなどに設定されているメーカーオプションの「全方位モニター」は、クルマの前後左右に設置された4つのカメラから映像を元に、クルマを真上から見たような映像を映し出す機能だ。
さらにバックするときのリヤカメラ、助手席側のサイド映像、見通しの悪い交差点などで役立つ左右確認サポート機能も付いているだけに、ぜひとも装着したいオプションパーツだ。全方位モニター

ところが、この映像を映し出せるのはディーラーオプションのナビのみ。モニターサイズは、8インチまたは7インチでお世辞にも高性能とは言い難いモデルながら、本体価格は約11万〜16万円と割高な設定。
ネットなどで同等レベルの社外ナビをチェックしてみると10万円以下が一般的で、探せば5万円台でも購入できそうだ。

つまり安全かつ便利な「全方位モニター」を装着するために割高のディーラーナビ選ぶか、自分好みのナビを選ぶために「全方位モニター」を諦めるかという究極に選択を強いられていたわけだ。

市販ナビでも全方位モニター用カメラの映像を映し出せるようにする『全方位モニター用カメラ接続アダプターRCA092K』は、そんな悩みを解決してくれるアイテムといえるだろう。
メーカーオプションの「全方位モニター用カメラパッケージ」を選択すれば、カメラからナビまでの配線は付いてくるので、好みのナビとの間に『全方位モニター用カメラ接続アダプターRCA092K』を接続するだけ。筐体はコンパクトで、車両側の配線を加工する必要もない。

『全方位モニター用カメラ接続アダプターRCA092K』で純正の全方位モニター用カメラと社外ナビを接続したスペーシアカスタムで、その動作状態をチェックしてみた。

狭い路地から見通しの悪い交差点に進入しようとしたら、角に違法駐車車両。左側には一時停止の標識のポール。色々な方向を確認しないといけない状況だった。
まず、速度を落とすとナビのモニターには、ラジエータグリルのカメラの左右確認サポートの映像と、助手席側のサイド映像の2画面へとチェンジ。
目の前を横切る歩行者と標識のポールの位置をしっかりと確認できた。全方位モニター

今度は、パーキングメーターへの縦列駐車にチャレンジ。
シフトレバーをバック(R)に入れると、今度はクルマを真上から見た映像とリヤカメラの映像にチェンジ。言うまでもなく、ドアミラーや目視で駐車するのに比べたらスムースに枠内に入れられた。

リヤカメラからの映像だけに切り替えたいときは、『全方位モニター用カメラ接続アダプターRCA092K』に同梱されているスイッチ(矢印)で行う。
純正カメラのガイドラインも表示され、ハンドルを操作すればガイドラインが示す軌道も変化。全方位モニター

モニターに表示するカメラからの映像は、純正機能を使用するので、好みに応じて様々なパターン表示ができる。このように純正機能は、しっかり動作していることを確認できた。

「データシステム」の『全方位モニター用カメラ接続アダプターRCA092K』は、コストや機能に応じたナビの選択肢を増やし、「見えない場所を映し出す」スズキ安全運転支援デバイス「全方位モニター」を装着できるベストアイテムといえるだろう。全方位モニター

全方位モニター用カメラアダプターRCA092K
価格:9800円(税別)
適合車種:スペーシア(MK53S)全方位カメラ装着車(年式H.29.12~)/クロスビー(MN71S)全方位カメラ装着車(年式H.29.12~)/ソリオ(バンディット含むMA36S・46S)全方位カメラ装着車(年式H30.8~)/三菱デリカD:2(カスタム含むMB36S・46S)全方位カメラ装着車(年式H30.8~)

【詳しくはこちら】
データシステム
https://www.datasystem.co.jp/

 


画像ギャラリー