LEDバルブは明るさだけで選んではダメ!正確な配光と変化しない照度が重要

LEDバルブは明るさだけで選んではダメ!正確な配光と変化しない照度が重要

省電力で高い照度を実現するLEDバルブで
信頼性を追求した「プレシャス・レイ」

ハロゲンヘッドライト車のLEDライト化は、省電力で明るく、バルブ交換感覚でできる人気の灯火系アップグレードメニューだ。
ところが、キチンと設計されたLEDバルブを選ばないと数値上の明るさはあっても、ヘッドライトの照らす範囲が狭くなったり、時間が経過すると暗くなったりする。これではLEDライト化する意味がない。
「ベロフジャパン」が発売する『ヘッドライト・フォグランプ用LED プレシャス・レイ(以下プレシャス・レイ)』は、熱ダレによる照度低下はもちろん、ハロゲンバルブに近い光源設計によって、クリアで明るい視界を実現するために設計されている。LED

バルブタイプは、H4 Hi-LowとHB3/4・HIR2、H8/9/11/16、H7用があり、すべて色温度は6500K。明るさはH4 Hi-Lowの場合、Hi側 4300lm、Lo側 4000lm。それ以外は 4000lmに設定されている。LED

色温度、明るさが揃っているので灯火類すべてを『プレシャス・レイ』に変更すれば、ライトの光りが均一になり、夜間走行が楽になるだけでなく、夜のルックスも向上するだろう。
ちなみに『プレシャス・レイ』は全種類が車検対応で製品保証も3年間付いている
気になる価格はH4 Hi-Low用が2万4000円。HB3/4・HIR2、H8/9/11/16、H7用が2万2000円(価格はすべて税別)。

LEDプレシャス・レイはバルブ交換タイプながらドライバーを内蔵している。そのため通常のバルブ交換と同じような感覚でシンプルかつ簡単な作業で交換できる。
作業動画はコチラをクリック!
LED作業上で唯一異なるのは、LEDバルブのフランジを外して、先に車両側に固定することだ。純正ハロゲンバルブを固定するピンを止めた後、防水カバーを装着してLEDバルブを差し込むことになる。

LEDまた、バルブ本体のサイズもコンパクトに収めているので、ヘッドライトユニットの後ろ側のスペースが狭い車種でも装着することができるのもうれしいところ。

光源の配置や冷却ファンの防塵など、
確かな照射を約束するベロフのこだわり

LED『プレシャス・レイ』のHi用、Low用のLEDチップは、H4バルブのHi及びLowの光源位置に合わせてを配置している。つまりH4バルブから交換しても光源が大きく変わらないため、ヘッドライトのレンズカットなどによる配光性能をスポイルすることはない。
LEDバルブへのカスタムは、バルブのスペックばかりに気が行くが、ここは非常に大事なところ。

LED『プレシャス・レイ」は点灯した際、ヘッドライト内の反射鏡を介した光りの拡散具合もしっかりとテストしているので、照射光は均一に明るいだけでなく、カットライン(レンズカットによる配光)がキレイに出る。これはLEDバルブ選びで最も大事なこと。キチンとした照射性能と効果を求めるなら外せないポイントだ。

LED安価なLEDバルブでは寿命が短かったりすることもあるが、『プレシャス・レイ」はその点も安心。社内テストでは20000時間に相当する長寿命を確認している。
この長寿命を可能にしているのがLEDや基盤の設計のよさ、そして構造にある。
『プレシャス・レイ』は、バルブボディから放熱フィンまで高品質なアルミニウムで一体成型。バルブ全体での放熱性がいい。また、ハーネスも曲げに強く耐久性も高い布製被覆を採用する。

LEDさらにバルブ側に風を送る冷却用のファンは、防塵、防水IP65仕様の高性能タイプを採用。安定した冷却性能を実現している。このような作りゆえ、LEDバルブとしては異例に長寿命を実現できるわけだ。
動作温度もマイナス30℃~90℃となっているので雪国での使用にも対応するし、ターボ車やエンジンルームが狭いクルマなどエンジンルーム内が高温になるケースでも安心して使用することができる。

 

ベロフジャパン http://www.bellof.co.jp/


画像ギャラリー