オートバックスのカーナビがタブレット感覚で使いやすいらしい

オートバックスのカーナビがタブレット感覚で使いやすいらしい

タテヨコ自在に回転できるフローティング式は
2DIN規格で10インチ大画面を持つ実力派

大画面ナビに変わって、いまトレンドなのがフローティング型カーナビ。
モニター部が浮いているような形態となるため、構造上装着が難しかった車種でも大画面を楽しめるのだが、「オートバックス」が先行販売しているセイワの最新機は、その上をいく画期的モデルとして話題独占中だ。

最大の特徴は、10型画面をヨコからタテへ、タテからヨコへとクルッと回転できる、まるでタブレットのようなモニター。
例えば、画面をタテ方向にすればルート案内中(ヘディングアップ表示)に先々の情報を把握しやすくなり、ヨコ方向の2分割画面にすれば、運転席と助手席でそれぞれ半分ずつモニター共有できるなどメリットが多い。カーナビ、セイワ、オートバックス、おすすめ、フローティング、10V型フローティングナビゲーション、PFTN101F

また、ナビ機能の生命線であるマップデータは、ゼンリンが今春発行した最新版を搭載。発売3年以内で1回、地図を無料で更新できる。
しかも2DINサイズのスペースさえあれば、基本的に車種不問で取り付け可能。¥79,800(税抜・取り付け工賃別途)という手頃な価格も魅力といえるだろう。

 

多彩なメディアに対応し操作性も優秀
安定した地デジ映像が楽しめる

カーナビ、セイワ、オートバックス、おすすめ、フローティング、10V型フローティングナビゲーション、PFTN101Fオーディオ+ビジュアル+ナビの3機能が一体となったセイワブランド初のAVNモデル。スマホやタブレットと連携可能なHDMI端子、USBの再生&録音、Bluetooth通信、AUX入力など、充実の機能を誇る。

地デジ映像を楽しめるテレビモードは、電波状況にあわせフルセグとワンセグを自動で切り替えるため、映像が途切れることもナシ。付属リモコンを使えば、後席からでも選局&音量調整できる。

 

サウンドセッティングも自在に

車内環境にあわせ、臨場感のある音場を再現するリアルなサウンドチューニング機能も搭載。それぞれの操作はビギナーにもわかりやすいように工夫されている。

 

スマホ&タブレット画面のミラーリングもOK

カーナビ、セイワ、オートバックス、おすすめ、フローティング、10V型フローティングナビゲーション、PFTN101Fスマホ&タブレット内のアプリや音楽&動画データをナビ本体で楽しめる「ミラーリング機能」を搭載。iPhoneではWi-Fi、AndroidではUSBを使って、ナビ画面に表示することが可能だ。

 

モニター裏にディスクスロットを搭載

カーナビ、セイワ、オートバックス、おすすめ、フローティング、10V型フローティングナビゲーション、PFTN101F

CD、DVDのメディア再生に対応。CDからUSBへの録音機能も搭載しており、CD約10枚分の音源を保存することができる。本体スイッチ部のイルミネーションは、好みの色へ自由に変更可能だ。

 

10V型フローティングナビゲーション[PFTN101F]
□価格:¥79,800(税抜・取り付け工賃別途)
□地図データ:ゼンリン(2018年度春版)
□TV:地上デジタル放送(フルセグ2チューナー×2アンテナ)
□プレイヤー:CD/DVD(CPRM対応)
□定格/最大出力:20W/50W×4
□外部入力:USB(×2)、microSD(地図データ共用)、Bluetooth、AUX、AV-IN、HDMI


画像ギャラリー