ドリキン土屋も面白いと絶賛! 「ROOTS e-sports最速決定戦 !! JAPAN CUP」が開催

ドリキン土屋も面白いと絶賛! 「ROOTS e-sports最速決定戦 !! JAPAN CUP」が開催

優勝者には実車をプレゼント

2018年6月にスタートした「ROOTS  e-sports最速決定戦!! JAPAN CUP」が東京六本木で12月8日(土)に開催された。e-sports(エレクトリック・スポーツ)とは、ご存じのとおりコンピューターゲームやビデオゲームを使ったスポーツ競技。「ROOTS(ルーツ)」も、その例に漏れず「実車好きとゲーム好きの垣根をなくし、すべてのクルマ好きを対象としたe-sports大会」として、カーゲーム「グランツーリスモ」を使用し、自動車あそびの楽しさを広く知ってもらうためのきっかけづくりを、という思いでスタートしているレーシングゲーム大会だ。プレイベントを含めると今回が3度目かつ今年最後の大会となる。

「ROOTS  e-sports最速決定戦!! JAPAN CUP」は、11月1日から日本全国からエントリーを受け付けたが、応募者多数のため抽選が行われ、この本大会にはその幸運のチケットを手に入れた48名の選手と(エントリー費は無料)、招待枠で呼ばれたFIAグランツーリスモ・チャンピオンシップに出場しているようなトップランカーたちが集結した。今回は、大会スポンサーであるAmbitious(埼玉県)から提供される、日産ER3型スカイラインの4セダン(中古車)が勝者に贈られる他、実際に競技に使用しているHyperXのヘッドフォンなど豪華賞品も目玉だ。

使用するのはプレイステーション4「グランツーリスモSPORT」でステアリングコントローラー(G29)で操作する。順次エントリー全選手が1人ずつでタイムアタックし、上位8名が決勝レースへ進出。予選は、各選手が筑波サーキットを6周してタイムアタックを行う。最初の3周はウォームアップラップとなり後半の3周でのベストラップ決勝進出が決まる。

使用するマシンはグランツーリスモ上でGr.3と分類されるGT3マシン。燃料やタイヤの消耗、メカニカルダメージはナシという設定で行われた。コースは筑波サーキット(晴天・朝)で、各選手ともに53秒前半のタイムを連発。ベストタイムは53秒12を出したHeAvN選手。以下、やまどぅー選手、クロックマ選手、カルソニック選手、冨林勇佑選手、sgt選手、マッケぽん@選手、ふじお選手という8名で決勝が行われた。

予選後は、このイベントのスペシャルアンバサダーであるドリキンこと土屋圭市さんと、日本初の女性プロゲーマーのチョコブランカさんによるエキシビジョンレースが行われた。このエキシビジョンレースでは、土屋さんのまさかのスタートでバック(後退)というハプニングもあったものの、そこから挽回し、最後には「勝ち」への執念(?)で、ドリキンの勝利となった。

決勝前に上位8名でグリッドを決めるレースが行われた。コースは鈴鹿サーキット(晴天・朝)に変更され、予選タイム順に並んだ8代が同時走行を行う。予選と異なり、スリップストリームの効果がより強くなり、タイヤの摩耗はなんと10倍、燃料の消耗は4倍となる設定で行われた(決勝レースと同じ)。BMW Z4 GT3をチョイスしたのは、やまどぅー、カルソニック、冨林の3選手が、トップ3を決めた。

決勝レースでは、各選手がマシンを変更。11周の長丁場で途中のピットインも必要。燃料とタイヤをどのように使いどのような作戦を立てるかが重要だ。

通常のレースでいう監督・エンジニア・ドライバーの役割すべてを一人で組み立てる必要があり、ドライビングテクニックだけでなく、頭脳作戦でもある。特にこのスリップストリームの取り合いで、130Rや1コーナーの飛び込みで順位は目まぐるしく変わる。

11周の長丁場だったものの、最後までトップ争いは5台の集団でどの選手が勝つのか、全く読めない展開だったが、最終ラップの日立オートモーティブズシケインで各車が入り乱れ、そのすきをついて3番手を走行していたやまどぅー選手(TOYOTA FT-1 VGT)が、2番手のカルソニック選手(メルセデス AMG GT3)に1000分の4秒差で競り勝ってチェッカーを受けた。3番手にはsgt選手(911 RSR)が入った。

スリップストリームがすごく効くことで、実車レース以上にいいバトルが、それも何度も見られる面白いレース、と観客も楽しめただろう。この決勝レースの模様は、YouTubeのベストモータリング公式チャンネルで生配信された。

土屋さんは「いろんなeスポーツ関連の仕事で日本中はもとより世界各国に行っていますが、クルマのレースは実車に近づければ近づけるほどシュールになって、年に何度かしかすごいバトルはないし、覚めて観ているしかない。でも、レースの楽しい部分をよりぎゅっと濃縮したものがゲームでできるんじゃないか、ということで、このe-sportsのルーツを立ち上げ、今回のようにスリップがガンガン使えればバトルがそこらじゅうで起きるし、もっと面白くなる。そういうことを確立していって、『e-sports最速決定戦』というのがだんだん出来上がって来たんではないかなと思います。世界中の方々がこれを観てくださっているので、彼らがもっと熱くなってくれるようなことを考えながら来年につなげていきたいと思っています」とこのイベントを締めくくった。


画像ギャラリー