車検が通らないことも! 車高をあげるメリット・デメリットとは

車検が通らないことも! 車高をあげるメリット・デメリットとは

全高2m超では陸運局で構造変更申請が必要

ノーマルから車高を変更する場合、ローダウン(シャコタン)の方が一般的だが、四駆のクルマを中心にノーマルよりも車高を上げるハイリフト、あるいはリフトアップというカスタムもある。このハイリフトのメリットはオフロード車の場合、ロードクリアランスを広げ、アプローチアングルに余裕を持たせることで、悪路での走破性を向上させることがひとつ。

もうひとつはドレスアップ。最近流行の「アゲ系」と呼ばれるカスタマイズは、SUVだけでなく、軽自動車のワゴンやプリウスのようなエコカーといった従来はハイリフトとは無縁だったクルマも存在感や迫力アップし、遊び心の強調などを目的として楽しんでいる例が多い。

車高のアップすると、やはりアイポイント(ドライバーの目線)が高まり、見通しがよくなることもメリットといえばメリット。

反対にデメリットは、重心が高くなることでロールモーメントが大きくなり、車体が不安定で揺れやすくなること。空力も悪くなり、風が強い日などはその影響がより大きくなる。

また、小型自動車の全高は保安基準上で2.0mまでとなっているので、ハイリフト化で全高が2.0mを超える車高になると、小型自動車の条件では車検を通すことができなくなってしまう。その場合、陸運局で構造変更申請が必要となる。

なお、ローダウンでもハイリフトでも、車検証に記載されているノーマルの車高に対し、プラス・マイナス40ミリ以内なら、構造変更申請などは不要で、そのまま車検もOK。

ただし、車高の上げ幅が大きいと、乗降性が悪くなったり、前後の足元付近の視認性が悪くなるなど、高さ制限のある高架やゲート、立体駐車場、トンネルなども利用できなくなる可能性もある。
サスペンションのアライメントにも影響するし、駆動系のロスやストレスの原因にもなり得る。
ジャッキアップなども純正ジャッキでは難しくなったりすることもあるので、そうした点は注意が必要だ。

ローダウンもハイリフトも、カスタムのひとつでそれなりに魅力もあるが、メリットとデメリットをよく知って、クルマの性能をスポイルしない範囲で楽しもう。


画像ギャラリー

第23回 CAR&CUSTOMIZE MOTOR SHOW 大阪オートメッセ2019 2019 2/9(土)、10(日)、11(月・祝) 9:00〜18:00 in インテックス大阪 〜 チケット好評発売中!