ダイハツ「コペンクーペ」を200台限定で発表! 価格は248.4万円から

ダイハツ「コペンクーペ」を200台限定で発表! 価格は248.4万円から

オートサロンで出展したコンセプトカーを商品化

 ダイハツは、2シーター軽スポーツカー『コペン クーペ』の発売を発表。2019年1月11日より専用ウェブサイトで商談希望者を募集し、生産および納車は2019年4月以降を予定している。
ミッションはCVTと5速MT。ボディカラー&インテリアカラーは、ブリティッシュグリーンマイカ&ベージュインテリアとパールホワイトIII&ブラックインテリアの2タイプを設定する。価格は、CVTが248万4000円、5速MTは250万5600円。コペンクーペ

『コペン クーペ』は、2016年に開催された東京オートサロンで出展したコンセプトカー(下の赤いボディのクルマ)が好評だったことから、ダイハツは商品化したという。 ベースとなったのはオープン2シーター軽スポーツカー『コペン セロ』。CFRP製のハードルーフを装着し、エレガント&エモーショナルなデザインをテーマに、ルーフからトランク、リヤエンドまでが一体となったデザインを採用したクーペモデルだ。コペンクーペ

リヤガラスハッチを採用で利便性が向上
セロSの専用アイテムの一部を標準装備

 コンセプトモデルのようなエアロパーツなどは採用されていないが、限定車はリヤのガラスに開閉機能が追加され、利便性が向上しているのが最大のトピックだろう。コペンクーペ

 200台の限定車となり、グレードが1タイプで、ミッションは5速MTとCVT、ボディカラーはブリティッシュグリーンマイカ(ベージュインテリア)とパールホワイトIII(ブラックインテリア)の計4仕様とシンプルな設定になる。

 主要装備は、MOMO製革巻きステアリング(CVT車はパドルシフト付き)、BBS製鍛造アルミホイール、シリアルナンバー、フロントスーパーLSD(5速MT車)を標準装備。さらに世界初となる曇りにくいガラス(防曇コート付フロントガラス)「eXeview」を採用している。コペンクーペ

 車両本体価格は、CVTが248万4000円(オープンボディのコペン セロは190万6200円)、5速MTは250万5600円(同192万7800円)とコペン セロに比べるとやはり高めだ。
 しかし、メーカーオプションのBBS製ホイール(19万8720円)やスポーティグレードのコペン セロS専用のMOMO製ステアリング、5速MT車のメーカーオプションのLSD(3万2400円)が標準装備されていることを考慮すると、実質の価格差は約30万円高といったところだろう。コペンクーペ

 商談の応募は、ダイハツのホームページ内にある特設WEBページにて行われる。応募期間は2019年1月11日14時〜2月11日18時。なお、200台を上回る応募があったときは抽選となるそうだ。

 


画像ギャラリー