「マーベリック」には極上のホイールマッチングを可能とするメニューが存在する

「マーベリック」には極上のホイールマッチングを可能とするメニューが存在する

オーダーインセットやブラックリム仕様は
話題の新作ホイールでも実現可能に

 ホイールメーカー、ウェッズには「マーベリック」という2ピース構造を採用するブランドがある。先立っての東京オートサロンでは2019年モデルの2作を発表、トップクラスのデザイナーが描いた作品をひと目見ようと、大きな人だかりができた。
 そんなマーベリックはこの数年、究極のシンプル美を追求。かつての複雑に描かれた造形は影を潜め、パワフルながらも落ち着きのあるデザインで多くのドレスアップユーザーを魅了してきた。
 2018年からはセンターキャップのロゴマークをブランド名称(MAVERICK)に変更するなど、これまで以上に上質な足元を創り上げている。 weds、ウェッズ、ホイール、maverick、マーベリック、1105S、1107T、おすすめ、オーダーインセット ゆえに、瞬く間に絶大な支持を受け、常に上級ドレスアップシーンを牽引してきたマーベリック。その理由は、美しいデザインや厳格な品質認定基準をクリアした品質だけでは語れない理由が他にもある。
 今回は、新たに発表された2019年イヤーモデルを紹介しつつ、さらなる高みを手にできる”秘密”について探っていきたい。

 

ベストマッチングを叶えるオーダーインセット

weds、ウェッズ、ホイール、maverick、マーベリック、1105S、1107T、おすすめ、オーダーインセット まずは2ピース構造の利点を生かしたオーダーインセットを可能としていること。
インセットとは、リム幅の中心線から取り付け面までの距離であり、この数値を変えることでホイール面を外側にも内側にもセットさせることが可能となる。マーベリックでは、標準設定のインセットのみならず、オーダー時に1mm単位でインセットを変えることができるため、ツライチといった理想のマッチングを追求することができるのだ。
 weds、ウェッズ、ホイール、maverick、マーベリック、1105S、1107T、おすすめ、オーダーインセット これは、カッコいい足元を創るには非常に重要なこと。例えばローダウンした場合、ホイールメーカーやカーショップの推奨サイズ(基本的にノーマル車高を想定)では、ホイール面が内側に引っ込んでしまうことがある。そのためにスペーサーを別途購入したという話をよく耳にするが、ベストなセッティングを見つけられるオーダーインセットならばそんな心配は皆無。しかもマーベリックは日本国内で製造。海外製ホイールが増えるなか、国産ならではの精度や信頼度の高さは言うまでもないだろう。

【MAVERIC 1107T】

weds、ウェッズ、ホイール、maverick、マーベリック、1105S、1107T、おすすめ、オーダーインセット
SBC

2019年の新作「マーベリック 1107T」は、7対のV字ツインスポークを持つスポーティな一本。スポーク内側のみを落とし込むことでシャープな印象を与えつつ、センター部は深く落とし込まれるため、強烈な立体感も備わる。

ピアスボルトの装飾をあえて施していないのも、シンプルでスポーティな味わいが薫り立つ要因のひとつ。渋味を効かせたマットガンメタリック、高級感を香らせたSBC、エレガントなプレミアムシルバーと、カラーによって表情が異なる3色を用意する。

<リバースリム>
18inch(7.5J~10.0J) ¥61,000~¥66,000
19inch(7.5J~10.5J) ¥68,000~¥74,000
20inch(8.0J~10.5J) ¥82,000/¥97,000
<ノーマルリム>
19inch(8.0J~11.0J) ¥69,000~¥75,000
20inch(8.5J~11.0J) ¥83,000~¥88,000
21inch(9.0J~11.0J) ¥96,000~¥110,000

◎P.C.D./H:114.3/5、112/5、120/5
◎COLOR:SBC(20inch/リバースリムおよび21inchのみ)、プレミアムシルバー、ブラックポリッシュ

 

他とは被らない個性を発揮できるリムカスタム

 weds、ウェッズ、ホイール、maverick、マーベリック、1105S、1107T、おすすめ、オーダーインセット ホイールの外周部「リム」をブラックにカラーコーデできるのもマーベリックの武器だ。これもディスクとリムが別体となる2ピース構造だからこそ実現できるメニューであり、アフターホイールの大半を占める1ピース構造では実現不可能。履かせた時の印象が変わるのはディスクのデザインだけでなく、じつはリムカラーの影響も大きいのである。weds、ウェッズ、ホイール、maverick、マーベリック、1105S、1107T、おすすめ、オーダーインセット
 標準設定の光輝アルマイトはダイレクトな高級感を演出。一方のブラックリムは、風格を高めると同時に足元の引き締め効果を併せ持つ。また、マーベリックではピアスボルトやバルブキャップ、オーナメントのアレンジ変更も可能としている。

「あのクルマ、どこかセンスいいよね」。

 マーベリック=異端者。普遍的な造形のモデルが多いなか、他とは被らない個性を生み出すアップグレードは絶対的なアドバンテージとなる。最も挑戦してほしいメニューだ。
 

【MAVERICK 1105S】

weds、ウェッズ、ホイール、maverick、マーベリック、1105S、1107T、おすすめ、オーダーインセットもう1作の新作は、シンプルな5スポークを採用した「マーベリック1105S」。スポーク天面は複合的なアール形状を採用しつつ、その両端は鋭いエッジを効かせて”柔”と”剛”を見事に表現。ピアスボルト周辺のデザイン処理、深く落とし込んだセンターパートなど、デザインコンシャスな要素もさらりと投入した。

設定サイズは1107Tと同じ18~21インチ。国産車からAUDIやBMW、VWといった輸入車までをカバーする。もちろんオーダーインセットやブラックカラーのリムカスタマイズも可能。

<リバースリム>
18inch(7.5J~10.0J) ¥61,000~¥67,000
19inch(7.5J~10.5J) ¥68,000~¥75,000
20inch(8.0J~10.5J) ¥82,000/¥97,000
<ノーマルリム>
19inch(8.0J~11.0J) ¥69,000~¥76,000
20inch(8.5J~11.0J) ¥83,000~¥89,000
21inch(9.0J~11.0J) ¥96,000~¥110,000

◎P.C.D./H:114.3/5、112/5、120/5
◎COLOR:SBC(20inch/リバースリムおよび21inchのみ)、プレミアムシルバー、ブラックポリッシュ

 

 マーベリックの2019年モデルは、いずれも大人感に満ちた作品だった。シンプル路線だからこそ、車種やスタイルを問わずにハマりやすく、流行に左右される心配もないだろう。

 だからこそ、オーダーインセットやリムのカスタマイズで自分流に染め上げてほしい。いつの時代も色褪せることなく、破格のオーラを放ってくれるのだから。weds、ウェッズ、ホイール、maverick、マーベリック、1105S、1107T、おすすめ、オーダーインセット

 

ウェッズ TEL03-5753-8201
http://www.weds.co.jp


画像ギャラリー