ドレスアップと車中泊が同時に楽しめる1台2役なミニバン・キャンパーの提案

ドレスアップと車中泊が同時に楽しめる1台2役なミニバン・キャンパーの提案

アルパインスタイルとトイファクトリーが夢のコラボ

 近年のブームもあって数多くのキャンピングカーが登場。なかでもベッドキットを使った軽自動車やミニバンの展示も多く、車内での快適な就寝を可能とする”車中泊”が身近な存在となってきている。

 ジャパンキャンピングカーショー2019では、キャンピングカービルダー「トイファクトリー」のブースに飾られたトヨタ・ノアは、カーナビや内外装のカスタマイズを得意とする「アルパインスタイル」とのコラボモデル。

 ノアといえば、適度なボディサイズと使い勝手の良さに優れるミニバンであり、子育て世代を中心にドレスアップのベース車両としても注目を集める。トイファクトリー×アルパインスタイルのコラボは、大人気のカスタマイズと車中泊というふたつのワガママを両立したもの。お父さんやお母さんだけでなく、子供も大喜びな仕様を1台のミニバンへ込めたのだ。アルパインスタイル、トイファクトリー

 注目のベッドキットは、5分割のベットマットとその下に収まる家具、床下収納用の天板を組み合わせたもの。2列目の純正シートを倒して3列目以降にベッドキットをセットする仕組みなのだが、ベットと2列目シートとの段差をなくした設計のため、前方へ足を伸ばせばゆったりとした体勢が確保できる。また、ベッド下の左右にある家具と、その間にある空間にはたっぷりの収納スペースが出現。家具は取り外す必要なく3列シートが使えるため、乗車定員はそのままに普段使いもできるわけだ。アルパインスタイル、トイファクトリー

 そしてエクステリアは、アルパインスタイルらしいセンス溢れるシンプルな造形が魅力。フロントハーフスポイラー、サイドステップ、リアハーフスポイラーなどのエアロパーツでスタイリッシュに。足元は同じくオリジナルのアルミホイールで引き締められていた。

 なお、ベッドキットはキャンピングカー製作に長けるトイファクトリーの声を反映したもので、素材や仕立ての良さは言うまでもなし。残念ながら参考出品ということだったが、来場者の反響は高く市販化やコンプリートカーとしての車両販売も検討しているという。

 いざキャンピングカーを購入しようと思っても簡単ではない。ドレスアップと車中泊の2役をこなすコラボモデルは、新たなカーライフを見出してくれそうな気がした。


画像ギャラリー