話題の”360度カメラ”が「大阪オートメッセ2019」で体験できる!

話題の”360度カメラ”が「大阪オートメッセ2019」で体験できる!

見たことがないアングルの映像や写真が撮れる

 スマートフォンやデジカメとはまったく異なるアングルの写真や動画を撮影できるのが「360度カメラ」だ。「ベロフジャパン」がリリースする360度カメラ『Insta360 ONE』シリーズは、スマホやタブレットに対応したアプリで写している状態から撮影した画像・映像の編集までを可能としている。

 スマートフォンのカメラの性能が高まっているが、360度カメラと組み合わせることで、今まで見たことがない写真や動画を撮影することができる。bellof,360度カメラ,insta360

『Insta360 ONE』シリーズは、『Insta360 ONE』と『Insta360 ONE X』の2タイプをラインアップ。いずれもアクティブな撮影状況に対応できる軽量設計。とくに『Insta360 ONE(上の写真)』は、82gと軽量コンパクトな筐体を実現。『Insta360 ONE X』も90.9g(電池別)と軽量設計になっている。

 レンズは、いずれのモデルもソニー製で、『Insta360 ONE X(下の写真)』は1/2.3COMSイメージセンサーと絞り値F2.0という明るく超広角のレンズを筐体両面に1個ずつ採用。bellof,360度カメラ,insta360ハイビジョンの5.7倍の画質を誇る5.7K動画と1800万画素の画像の撮影を可能としている。
bellof,360度カメラ,insta360

 

 一方『Insta360 ONE』は、1/2.3COMSイメージセンサーと高精細なビデオ圧縮を低消費電力で実現するシステムを搭載。絞り値F2.2の明るいレンズで2400万画素の画像と4Kの映像撮影ができる。bellof,360度カメラ,insta360

 いずれにもセルフィースティック(自撮り棒)やヘルメットマウント、チェストストラップ(胸部にカメラをマウントできるストラップ)など、撮影の幅を広げる数々のアクセサリーをラインアップ。bellof,360度カメラ,insta360

 

 そのなかでも注目なのが『バレットタイムバンドル』だ。バレットタイムとは、120fpsの高速度撮影により、カメラをバレットタイムバンドルの先端に付けてグルグルと頭上で回すと、まるで空中に多数のカメラを円周に並べてスローモーションで撮ったような動画が撮れる。bellof,360度カメラ,insta360

 また『Insta360 ONE X』用のセルフィーは3mと超長く、しかも、セルフィーは映像には映らないので、まるでドローンで撮影したような映像になる。
 しかも、いずれの機種には手ぶれ補正機能が付いているので、鮮明な撮影ができるわけだ。bellof,360度カメラ,insta360

『Insta360 ONE』シリーズにとって、紹介した特徴はほんの一部。撮影した動画をアプリで編集すれば、どのように撮影したのかまったくわからない不思議な映像にすることも可能だ。bellof,360度カメラ,insta360

 そのような『Insta360 ONE』シリーズの実機を触って撮って試してみることをできるのが、2月9〜11日に大阪市・インテックス大阪で開催される「大阪オートメッセ2019」だ。
 ベロフジャパンは、6A号館にCARトップとコラボレーションしたブースを出展。『Insta360 ONE』シリーズの実機展示のほか、デモ機による撮影体験や動画編集のデモンストレーションなども予定されている。ぜひ訪れてほしい。


画像ギャラリー