「レオニス」のニューモデルが、幅広い車種でワンランク上のステージへと導く

「レオニス」のニューモデルが、幅広い車種でワンランク上のステージへと導く

先進技術を投入したTEとSVが放つ魅力とは

「クルマを買ったらホイールを替えてみたい」。純正からの脱却(カスタマイズ)では、最も身近な人気の手法であり、その効果は非常に高いことはよく知られる。しかし、単純にデザインやサイズさえ変わればいいのではなく、より満足度の高いレベルにするためにはホイールはしっかりと吟味する必要があると思う。

 ホイールというのは、たとえ似たようなデザインであっても、同じサイズだったとしてもクルマに”履かせた時に差が出る”のは紛れもない事実。特にいいホイールには、製法、デザイン、切削、カラーなど、細かい部分までこだわりが込められている。もしホイール専門店やカー用品店に行く機会があれば、よく見比べてほしい。

 ワンランク上のステージへと導くことができるホイール。今回の2モデルは「ウェッズ」が2019年モデルとしてリリースした『レオニスTE』と『レオニスSV』だ。レオニスといえば、同社が誇る先進技術を用いた1ピース構造のドレスアップ系ブランド。では、新作の2本にはどのような差別化が施されているのか、じっくりと吟味していくことにしよう。

 

【レオニスTE】

weds、ウェッズ、2019、レオニスSV、レオニスTE、LEONIS 鎌(かま)のような先端を持つ、ひねり形状のスポーク。そんな大胆な非対称デザインへ、シャープな直線状のスポークと翼断面形状のサブスポークを添えた、じつに躍動感に満ち溢れた個性的な一本である。weds、ウェッズ、2019、レオニスSV、レオニスTE、LEONIS

 加えてスポークとリムが繋がるパートにも注目。スポークエンドの裏側を削り込んだ”アンダーカット加工”を施し、足の伸びやかさと軽快感を生み出した。

weds、ウェッズ、2019、レオニスSV、レオニスTE、LEONIS

 また、設定色もレオニスの真骨頂。「BMCMC」は、透明感のあるブラックメタルコートをベースに天面のみミラーカット(鏡面切削)でフィニッシュした、圧倒的なプレミアム感を手に入れた人気色。「PBMC」はブラックと天面ミラーカットとのコンビカラーで、ブラックにはパールを配合したことでさらなる上質さを演出。そしてブラック系をベースにスポークサイドやリム奥をマシニング処理、そこへレッドの電着塗装を施した新色「BK/SC(RED)」は、他の2カラーとは違ったスポーティな顔をみせる。このようにカラーによって異なる表情を持たせているのも、差別化のひとつと言えるだろう。

レオニスTE

weds、ウェッズ、2019、レオニスSV、レオニスTE、LEONIS

左右非対称デザインにスクリュー形状、翼断面、アンダーカットとこだわり抜いた造形。直線的なスポークと曲線で描かれるスポークとのコントラストが鮮烈で、リムに配したエッジングロゴやエンブレムといったアイキャッチポイントも備わる。細かいパートにも視覚的に訴えかける演出も、レオニスらしい美点だ。

◎サイズ:15〜20インチ
◎価格(税抜き):¥27,500〜69,000

 

 

【レオニスSV】

weds、ウェッズ、2019、レオニスSV、レオニスTE、LEONIS もう1本の「レオニスSV」は、ドレスアップ性の強い”TE”とは違ったシンプルな造形。コンサバな10本スポークモデルなのだが、よく見ると非常に凝った意匠なのがわかる。

 例えば、細くシャープなストレートスポークは、側面で抜け勾配を利用した絶妙なアール処理を融合。平面だけでは得られない立体感と躍動感を獲得したほか、センター付近ではクリアランスホールを配置するなど、絶妙なアクセントも加えられる。

weds、ウェッズ、2019、レオニスSV、レオニスTE、LEONIS

 すっきりと洗練されたデザインは、レオニスTEと同様にSUV、ミニバン、セダン、軽自動車など幅広い車種にジャストマッチ。足元を上質に飾りたい、オトナのドレスアップに好適な一本と言えるだろう。

weds、ウェッズ、2019、レオニスSV、レオニスTE、LEONIS

 カラーはTEと同じ「BMCMC」に加え、ハイパーシルバーと天面ミラーカットを施した「HSMC」、ブラック系スパッタリング系の「BMC1」の全3色。新開発の高膜厚クリアによって、他社モデルよりも透明感を高めた上質な仕上がりとなっている。

 

レオニスSV

weds、ウェッズ、2019、レオニスSV、レオニスTE、LEONISストレートなスポークはセンター付近で、絶妙なアールを描いて落とし込まれるレオニスSV。リム部のエッジングロゴや、センターパートのクリアランスホールなど、他モデルにはないイキな演出で愛車をワンランク上のステージへ導く。

さらにレオニスSVのこだわりは、これだけには止まらない。ミニバンやセダンに対応する5ホール仕様は10本スポークだが、軽自動車やコンパクトカーに多い4ホール仕様は8本スポーク構成。特徴的なセンターまわりの造形が損なわれる心配もなく、どんな車種であってもその持ち味が活かされている。

◎サイズ:15〜20インチ
◎価格(税抜き):¥27,500〜69,000

 

 高いデザイン力と先進のフィニッシュで高いステータス性を持たせたレオニスの2作。最新技術を凝縮して破格のビジュアルインパクトを獲得しつつ、手頃な価格帯としたのも特筆すべき。しかも、レオニスTEではAMF製法というリム成型技術を採用(17インチ以上)し、鍛造ホイールに匹敵する強度を確保すると同時に軽量化にも成功させている。

 その日のコーディネートや天候によって履き分ける靴とは違い、ホイールは”人となり”を表すクルマというキャンバス内で長らく履かなくてはいけない。「オシャレは足元から」だからこそ、貴方の相棒にもいいホイールを選んでほしいと思うのだ。

https://www.weds.co.jp/


画像ギャラリー