トヨタ・ハイエース「ワイドボディ」用エアロをGR8が初リリース

トヨタ・ハイエース「ワイドボディ」用エアロをGR8が初リリース

シンプル路線のストリートスポーツ・テイスト

 トヨタ・ハイエースのカスタマイズパーツの開発からコンプリートカーの販売までを手がける「GR8」。同社は、これまでハイエース標準ボディ用エアロをリリースしているが、ブランド初のワイドボディ用エアロ『GR8 S.S.S』をついに発表したのだ。

 待望の新作は、プライベートはもちろん、仕事現場にも躊躇なく行けるサイズ感で仕上げたシンプル路線。これまで同社が手掛けてきたハイパーユーロ系とは異なり、リップエアロの要素をデザインに盛り込んだスポーティさが特徴となっている。

GR8の新作エアロはトヨタ・ハイエースのワイドボディ用

 ベースデザインは、昨年発表した最新のハイエース標準ボディ用を踏襲。従来の路線に比べれば控えめではあるものの、張り出すべきところは張り出すなど、メリハリ感は明解だ。GR8の新作エアロはトヨタ・ハイエースのワイドボディ用

 スタイリングの核となるフロントは、リップラインをキリッと立ち上げて差別化したハーフエアロ形状。最大の特徴である中央のAラインを、極細ルーバーを使ってダクト風に仕上げている。GR8の新作エアロはトヨタ・ハイエースのワイドボディ用

 また、間延び感を解消するルーフスポイラーも用意。こちらはミドルルーフ専用となる。GR8の新作エアロはトヨタ・ハイエースのワイドボディ用 プレスラインで押し出しを強調したユーロボンネットは、流行のバッドフェイス系。スタイル全体の統一感アップに欠かせないパーツといえよう。GR8の新作エアロはトヨタ・ハイエースのワイドボディ用 そして、フロントから立ち上がるプレスラインが疾走感を刺激するサイドステップは、まずはロング用から発売。実用的な薄型設計ながら、見応えは満点だ。GR8の新作エアロはトヨタ・ハイエースのワイドボディ用

 バンパーエアロとなるリアの特徴は、摘んだような裾部分。意識的にエッジを効かせることで、フロントとのバランスを調整している。GR8の新作エアロはトヨタ・ハイエースのワイドボディ用

 パートごとに塗装の塗り分けされることも想定したデザインであるなど、ルックスをしっかりと変えることができる。エアロビギナーとしても、最適だ。

 

SPEC&PRICE(税抜価格)/ハイエース・ワイドボディ

  • フロントハーフスポイラー:¥39,800
  • サイドステップ:¥36,800
  • リアバンパースポイラー:¥46,800
  • ユーロボンネット:¥59,800
  • ルーフスポイラー:¥36,800 

※リアバンパーは純正マフラーと干渉の恐れアリ。別売のダウンリング(¥2,500)が必要

 

GR8 TEL0120-927-968
http://www.gr8style.co.jp


画像ギャラリー