現役時代最後のパジェロファンミーティング開催!パリダカ参戦ドライバーが出演

現役時代最後のパジェロファンミーティング開催!パリダカ参戦ドライバーが出演

参加者にはオリジナルグッズのプレゼントも

 三菱自動車は5月25日と26日の週末の2日間、山梨県の富士ヶ嶺オフロードコースで「パジェロファンミーティング2019」を開催する。参加はパジェロオーナー限定で、愛車による特設コース走行とパリダカ優勝の増岡浩選手の運転による同乗試乗が選択可能。すでに申し込みは開始されていて(WEB経由のみ)、締め切りは5月8日23時59分まで。応募多数の場合は抽選となる。

 1982年デビューの三菱パジェロ。すでに本サイト既報の通り、今年8月に国内向けモデルの生産が終了となることが発表されている。つまり今回のファンミーティングが、パジェロにとって現役時代最後の“同志の集い”となる。募集は5月25日の土曜日と、26日の日曜日の2回。土曜日は9時30分から12時30分まで、日曜日は13時30分から16時30分までと時間帯が異なるので注意が必要だ。パジェロファンミーティングが開催

 両日ともプログラムは共通で、自走コースが1組最大5名で10組まで、増岡浩選手同乗コースが1組最大3名で10組まで。約30分の受付とオリエンテーションを経て、試乗タイム約2時間と増岡選手のトークショーが約30分予定されている。会場ではラリーカー展示も行なわれ、オリジナルグッズのプレゼントもある。パジェロファンミーティングが開催

 参加費用は1組2000円(税込)と破格の設定。参加資格は日本国内在住で普通運転免許証を保有し、かつパジェロを所有しているオーナーがいること。さらに三菱自動車のメール配信サービスの会員登録に同意することが条件になっている。自走コースの走行はマイカー限定で、主催者設定の極低速コースとなる。応募者多数の場合は抽選となり、当選者には5月11日以降に連絡が予定されている。

【詳しくはこちら】

イベント告知URL

https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/pajero/event_1905/

関連記事URL

https://www.automesseweb.jp/2019/04/24/138659


画像ギャラリー