クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • OUTDOOR
  • 重い荷物の出し入れも楽々! 使い勝手が抜群のラゲッジが広いSUV車TOP5
OUTDOOR
share:

重い荷物の出し入れも楽々! 使い勝手が抜群のラゲッジが広いSUV車TOP5

投稿日:

TEXT: 青山尚暉 PHOTO: Auto Messe Web編集部

ホンダCR-V(ラゲッジ容量561L)

 お薦めのハイブリッドとガソリン車をそろえるホンダCR-Vの2列シート仕様のラゲッジ容量は561L。

 エクストレイルと同等だが、ラゲッジフロアの開口部地上高は低床パッケージが自慢のホンダ車らしく、665mmと、SUVらしからぬ低さを実現。もちろん、開口部に段差はない。

スバル・フォレスター(ラゲッジ容量520L)

 シンメトリカルAWD、Xモードによる高い走破性を誇るスバル・フォレスターのラゲッジルーム容量は520L。

 車体の割には容量少なめだが、それはキャビン優先のパッケージを採用しているから。段差のない開口部の地上高は高めの730mm。

  ここまでが、ラゲッジ容量の大きいSUVといえる5台。以下、マツダCX-5の505L、三菱アウトランダーの491Lと続く。とはいえ、CX-5のクリーンディーゼルモデルの走行性能は静かで高級感があって素晴らしく、CX-8同様、トルクベクタリングコントロールによる運転のしやすさ、車酔いのしにくさなど、魅力たっぷり。

 アウトランダーも国産SUV唯一のPHEVなら、アウトドアや災害時の頼りがいはピカイチ。ラゲッジ容量の絶対値にこだわらなければ、両車ともにお薦めである。

1 2
すべて表示

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS