自動車コーティング「撥水」と「親水」のちがいとオススメは (1/2ページ)

自動車コーティング「撥水」と「親水」のちがいとオススメは

ボディ色や駐車環境によって使い分けすべし

 クルマ好きに欠かせない洗車。なかでもシャンプーの後にコーティングしている読者は多いだろう。昔はワックスが主流だったが、いまやコーティングのほうが手間もかからず、がっちりと長期間に亘ってボディを保護してくれるということで人気は高い。自動車のコーティング、親水と撥水のちがいとオススメ

 また、コーティングの特徴のひとつに強力な水弾きがあるのだが、「撥水」と「親水」の2タイプに分かれる。ちなみに最近は「疎水」という言葉もよく聞くが、厳密には撥水と親水の中間的なもので別モノ。ただし、表面的な効果としては親水と同じなので、コーティングでは違いなく扱っている。では、撥水と親水、どういったメリットとデメリットがあるのだろうか。駐車環境に合わせた使い分けも含めて、整理してみよう。

 

【撥水タイプ】

自動車のコーティング、親水と撥水のちがいとオススメ まず撥水の特徴は、なんといっても水弾き。コロコロと転がり落ちる水滴こそ撥水コーティングならではで満足度も高い。しかし、コロコロの水玉がネックになるケースも。にわか雨のあとに急に太陽に照らされると、水滴に光りが集まって塗装がレンズ効果で焼けてしまう可能性があるのだ。また、乾燥した跡が丸く残るのも見た目によくはない。これは洗車してそのままにしても起きる現象で、白く残るのは水道水に含まれるカルシウムなどが原因だ(雨の場合は汚れ)。自動車のコーティング、親水と撥水のちがいとオススメ

画像ギャラリー