フィアット500で操る楽しさを満喫!2気筒エンジンに5速MTを搭載した特別仕様車

フィアット500で操る楽しさを満喫!2気筒エンジンに5速MTを搭載した特別仕様車

ネーミングのマヌアーレとは「自ら操る」の意

 FCAジャパンは、Fiat 500(フィアット・チンクエチェント)に、マニュアルトランスミッションを採用した限定車「500S Manuale Rossa(チンクエチェントエス・マヌアーレ・ロッサ)」を設定。全国のフィアット正規ディーラーを通じて、2019年6月15日(土)より80台限定で販売する。価格は246万円(税込み)。

 80台限定というのはかなりレアだが、それ以上にTwinAirエンジン+5速MTという、通常の設定にない組み合わせも限定車ならではのスペシャルな特徴と言っていい。そんな500S マヌアーレ・ロッサの魅力は、マヌアーレというイタリア語で「自ら操る」という意味を持つネーミングの通り、2気筒ターボエンジンを自らの手で操り、ドライブできる楽しさが味わえるところにある。フィアット500にマニュアルトランスミッションの特別仕様車

 鮮やかなパソドブレ レッドのボディカラーも大きな特徴で、キュートな500をスポーティに変貌させる要素のひとつだ。そのうえ足もとの専用15インチアルミホイールや、サテングレーのアクセントラインとドアハンドル、さらにクローム仕上げのエキゾーストフィニッシャーといったアイテムをプラスすることで、スポーティな雰囲気を一層引き立てている。フィアット500にマニュアルトランスミッションの特別仕様車

 また、マニュアルモデル専用のフォグランプ付フロントバンパーやサイドスカート、リヤバンパーもスペシャル感の演出にひと役買っている。フィアット500にマニュアルトランスミッションの特別仕様車

 車内は引き締まった印象のブラックを基調に、シートやドア内張りに明るいアクセントカラーをあしらうことで、洗練された雰囲気に仕上げられている。ファッショナブルなデザインだけでなく、レザースポーツステアリングホイールや専用インストルメントパネル、Apple CarPlayおよびAndroid Autoに対応した7インチタッチパネルモニター付のインフォテインメントシステムUconnect、START&STOPシステムなど、装備や機能が充実しているのも500S マヌアーレ・ロッサのセールスポイントだ。フィアット500にマニュアルトランスミッションの特別仕様車

 しかも、TwinAirエンジン+5速MT、鮮やかな赤いボディカラー、内外装の専用装備、さらに全国80台限定という希少価値も手伝って、見るたび、乗るたびに特別なクルマを手にしているという満足感が得られる1台だ。フィアット500にマニュアルトランスミッションの特別仕様車


画像ギャラリー