真夏のキャンプで要注意!車内に放置すると危険なグッズ4つ (1/2ページ)

真夏のキャンプで要注意!車内に放置すると危険なグッズ4つ

真夏の車内は思った以上に高温!

 長時間、真夏の炎天下に駐車していたときの車内は、まるでサウナのような暑さ。ダッシュボードの上なら80度近く、サンシェードを活用していても、50度以上になる場合があります。その暑さ、思い出しただけでもうんざりしてしまいますよね。でも車内が暑くなるということは、単に不快になるだけでなく、危険を伴うということでもあります。

 とくにキャンプグッズには、炎天下に放置しておくと危険なものが多くあります。そこで今回は、車内に放置しておくと危険なキャンプグッズをピックアップしましょう。

 

破裂の恐れがある「ガスカートリッジ」

 車内に放置しておくと危険なものの代表格は、バーナーやランタンに使われる燃料です。とくにLPガスが充填されたカートリッジは、常温でも内圧が高いので、高温になるとさらに内圧は上昇し、爆発する危険があります。

真夏のキャンプで高温になると危険なグッズ

 ガスカートリッジには「火気と高温に注意」との表示があり、そのなかに「温度が40度以上となる所に置かないこと」と明記されています。

真夏のキャンプで高温になると危険なグッズ

 暑い夏の日に車を炎天下に放置しておくと、車内は50度を超えてしまいます。ダッシュボードにいたっては、70度以上になる場合もあります。このような場所にガスカートリッジを放置しておくと、カートリッジが爆発する恐れがあります。

 同じようにLPガスが充填された使い捨てライターも、高温の車内に放置しておくと危険です。置き忘れなどには十分に注意しましょう。

 

引火したら大爆発「ホワイトガソリン」

 ホワイトガソリンの場合、発火点は300度なので、車内温度が高温でも自然発火することはありません。しかし、引火点は-40度と非常に低く、極寒の地でも発火源を近づければ簡単に燃え上がります。

真夏のキャンプで高温になると危険なグッズ

 ですから、完全密閉されたガソリン携行缶などに入れてあれば安全なのですが、栓がゆるかったり、容器が錆びて穴の開きやすい状態だったりすると、そこから気化したガソリンが漏れ出し、静電気や火花、たばこの火などの発火源で大爆発を起こします。

 


画像ギャラリー