哀川翔がFLEXのチーム監督! ラリー競技にドリフトレーサーを起用

哀川翔がFLEXのチーム監督! ラリー競技にドリフトレーサーを起用

ラリー競技にD1ドライバー川畑真人が参戦

 俳優の哀川翔さんと自動車や用品販売などを行うフレックス株式会社(以下FLEX)が合同で主宰するレーシングチーム「FLEX SHOW AIKAWA Racing」は、昨年に引き続きFIA認定アジアクロスカントリーラリー(AXCR2019)への参戦を2019年6月13日に東京のお台場にあるMEGA WEBで発表した。フレックス自動車が哀川翔を監督にラリーに参戦

 チーム監督は哀川翔さんが務め、ドライバーはトーヨータイヤのドリフトチーム「Team TOYO TIRES DRIFT」所属の川畑真人選手を起用。8月10日~16日の期間でタイのパタヤビーチをスタートしてミャンマー共和国の首都であるネビドーを目指す総走行距離2200kmのラリー「AXCR2019」に、トヨタ150型ランドクルーザー プラドのラリー仕様車で参戦。ガソリンクラス優勝と総合成績での上位入賞を目指す。フレックス自動車が哀川翔を監督にラリーに参戦

 発表会ではまず「FLEX SHOW AIKAWA Racing」のチーム監督を務める哀川翔さんが登壇。哀川さんは昨年はアジアクロスカントリーラリーに「FLEX SHOW AIKAWA Racing」のドライバーとして参戦、完走を果たしていたが、今年は監督というポジションで参加することになった。フレックス自動車が哀川翔を監督にラリーに参戦

「昨年は6年ぶりに参戦させていただきましたので、このラリーの走り方などいろいろ忘れていたので大変でした。ただ、体力的には問題なかったので今年も自分でドライブすることも考えましたが、2019年の東京オートサロンで見つけた速いドライバーを起用します」と哀川さん。そして紹介されたのが、スープラでD1レースに参戦するトーヨータイヤのドリフトチーム「Team TOYO TIRES DRIFT」所属の川畑真人選手だ。

 川畑選手と哀川翔さんは2019年の東京オートサロン トーヨータイヤブースにゲストとして呼ばれたことをきっかけに知り合った。その場で哀川さんからAXCR2019にドライバーとして参戦しないか、という打診を受けたという。ただ、その時点では川畑選手は「半分冗談かなと思っていたので、軽く“いいですね~”と返事をしていました」という。フレックス自動車が哀川翔を監督にラリーに参戦

 ところが哀川さんは今年のチャレンジで成績を重視していたのでこのオファーは本気のものだった。そのため話はドンドン進んで具体的な計画へと発展したという。フレックス自動車が哀川翔を監督にラリーに参戦

 ラリーに向けて日本で試走を一度行うが、哀川さんいわく「現地とは状況が全然違うのでぶっつけ本番になる」とのこと。そして「長丁場のラリーなので自分のペースで走ってもらうこと、それに日本じゃ考えられないような道路状況に注意してもらうことですね」と語った。これに対して川畑選手は「映像を見るとこれは冒険ですね、クルマを労りながら頑張ります」と語った。なお、発表会会場には今回のチャレンジをサポートする企業がブースを出展していた。

FLEX

 チームを運営するFLEXは同社のパーツなどを装着したコンプリートモデル「FLEX CUSTOM LAND CRUISER PRADO 150」を展示。こちらはライフスタイルに合わせて3つのタイプが用意されているとのこと。フレックス自動車が哀川翔を監督にラリーに参戦

TOYO

「FLEX SHOW AIKAWA Racing」のマシンにタイヤを供給するトーヨータイヤは、ラリーで実際に使用するトーヨータイヤ製ピックアップトラック/SUV用タイヤの「OPEN COUNTRY M/T」を展示。OPEN COUNTRYシリーズは世界で最も過酷なオフロードレースといわれるBAJA1000を始め、国際的に認められたレースへ参加。そこで積み上げてきた実績から開発されたオフロード向けのタイヤブランドだ。大型のSUVが普及しているアメリカではとくに高い評価を受けているという。フレックス自動車が哀川翔を監督にラリーに参戦

 OPEN COUNTRYシリーズの「OPEN COUNTRY M/T」は、オフロードレースから得たノウハウを活かした耐外傷性の高いタフネスな構造を持つタイヤ。「FLEX SHOW AIKAWA Racing」のマシンに装着されるのはOPEN COUNTRY M/Tをさらに高性能化した「OPEN COUNTRY M/T-R」だ。フレックス自動車が哀川翔を監督にラリーに参戦

 

 


画像ギャラリー