クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • どちらがお好み? トヨタRAV4 カスタマイズの2大巨頭を徹底比較してみた
CAR
share:

どちらがお好み? トヨタRAV4 カスタマイズの2大巨頭を徹底比較してみた

投稿日:

TEXT: Auto Messe Web編集部 PHOTO: Auto Messe Web編集部

アーバンなモデリスタ、アクティブなTRD

 アウトドア派が注目するトヨタ「RAV4」が再び日本で販売された。トヨタにはハリアーがあり、SUV同士での差別化を視野に、より悪路走破性が高められているのが特徴だ。また、カムリにはじまるTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー/プリウス系より大型)の第2弾でもあり、走りの基本性能が向上。しっかりとした車体骨格に伴いサスペンションが適切に動くため、走り出してすぐに走行安定性の高さや乗り心地の快適さを実感できる。

 また、悪路走破性も文句なし。ガソリンエンジン車には新しくダイナミックトルクベクタリングAWDを採用。前後50対50の駆動力配分に加え、後輪左右の駆動力を0〜100の配分(可変)で行なうというもの。カーブの旋回性も高く、舗装路でも安心した走りをもたらしてくれる。さらにデッキボード上段時542リッター、下段時580リッターという、ミディアムSUVクラスとしてはトップレベルのラゲッジ容量を誇る。

 そして、RAV4にはその魅力を引き立てるメニューが人気のようだ。それが、『モデリスタ』と『TRD』のボディキット(エアロパーツ)。トヨタ自動車に馴染み深い2大ブランドなのだが、味付けの方向性は異なる。では、それぞれがどのように調律したのか比較してみよう。

 

【MODELLISTA】

 モデリスタが表現したのは、先進感とSUVらしいワイルドなテイスト。ダイナミックな造形やメッキアレンジ、イルミネーションを組み合わせたことで洗練度は高く、プレミアムなアーバンスタイルを構築した。

 フロントのコーナーボトムには、メッキとLEDを組み合わせた洗練のアレンジ。メカニカルで躍動感にあふれるホイールやヘッドライガーニッシュなども設定されている。

 一方でゴツゴツとした量感のあるサイドは大型メッキも備わるなど、ワイルドかつ高品位に。リヤはスパッツ形状と、立体的でスポーティな印象を与えている。

MODELLISTA
□フロントスポイラー(未塗装/塗装済)●¥86,400/¥95,040
□サイドスカート(未塗装/塗装済)●¥64,800/¥75,600
□リアスパッツ(未塗装/塗装済)●¥32,400/¥37,800
□フロントグリルガーニッシュ●¥37,800
□ヘッドランプガーニッシュ●¥32,400
□バックドアガーニッシュ●¥29,160

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS