ベンツ現行Eクラス・セダンに光るタービンベントと3Dツイーターをインストール

ベンツ現行Eクラス・セダンに光るタービンベントと3Dツイーターをインストール

華やかなクーペの装いをセダンで実現

 エアロパーツブランド「s.d.f」を展開するスターズが、アクセサリーパーツを取り扱う新ブランド「s.p.o」を立ち上げた。その第一弾となるのが、メルセデス・ベンツ現行Eクラス・セダン(W213)やCクラス(W205)用アイテム。現行Eクラス・クーペに採用されている光るタービンエアベント「エアベント・アンビエントライ」やSクラスの最新メカニズムである3Dロータリーツイーターなどをラインアップした。スターズがメルセデス・ベンツ用アイテムを扱う新ブランドs.p.oを設立

 スターズが新たに立ち上げたブランド「s.p.o」は、新しい自動車用パーツや新しいクルマの遊び方を提案することがそのコンセプト。全世界に目を配り、自らの目利きでチョイスしたパーツの中から、日本のマーケットに合うと判断したものだけを厳選。場合によっては日本のニーズに合わせた改良なども行ない、できる限りのテストを実施して、安心して使えるハイクオリティなパーツを取り扱うという、セレクトショップ的な存在だ。スターズがメルセデス・ベンツ用アイテムを扱う新ブランドs.p.oを設立

 そんなs.p.oの目利きにかなったのが、このタービン型ベント「エアベント・アンビエントライト」。Eクラス・セダンに純正採用されるエアベント(エアコンの吹き出し口)は、一般的なルーバー形状で、もちろん光ることもない。ところが現行Eクラス・クーペには、このスタイリッシュなタービンベントデザインが採用され、しかもイルミネーションまで完備されるのだ。つまりエアベント・アンビエントライをセダンで使えば、最先端で華やかなクーペ風のインテリアを再現できるということ。

 Eクラスの純正室内は、パネルまわりがライン状で点灯する機能が備わっているため、「エアベント・アンビエントライト」とシンクロさせれば室内の雰囲気はガラリ一新。グレード感も引き上げられるだけに、注目だ。もちろん、カラーは64色対応となっている。

 エアベントだけでなくスピーカーグリル、回転しながらせり出す3Dロータリーツイーター、ルーフスピーカーとバリエーションも豊富。取り付けは、すべて合わせても1日あれば完了するそうで、効果のわりにそれなりに手軽なのも魅力的だ。スターズがメルセデス・ベンツ用アイテムを扱う新ブランドs.p.oを設立

 さらに、W205型Cクラス用エアベント・アンビエントライトや3Dロータリーツイーターもラインアップ。スターズがメルセデス・ベンツ用アイテムを扱う新ブランドs.p.oを設立

 前期モデルは3色しか設定がないが、別途アンビエントライト12colorキットを取り付ければ12色に光らせることが可能だ(後期型は純正で64色に対応)。

 そしてエクステリアパーツとして、W213型Eクラス用とW205型Cクラス用のシーケンシャルウインカーレンズも開発中。美しい均一発光のウインカーの光りが、内側から外側へとスムーズに伸びる仕様だ。スターズがメルセデス・ベンツ用アイテムを扱う新ブランドs.p.oを設立

 

 また、W205型Cクラス前期モデル用として、純正後期型テールランプ装着時に必要な接続ケーブルキットをラインアップ。テールランプとセットで販売している。スターズがメルセデス・ベンツ用アイテムを扱う新ブランドs.p.oを設立

 このようにメルセデス・ベンツをセンスアップするアイテムをリリースするs.p.o。今後のラインアップには期待したい。

W213・Eクラスセダン

・3Dロータリーツイーター(64color) ¥95,800+税
・エアベント・アンビエントライト(64color) ¥95,800+税
・アンビエントライト・スピーカーグリル(64color) ¥55,800+税
・アンビエントライト・ルーフスピーカー(64color) ¥65,800+税
・シーケンシャルウインカー ¥45,800+税

W205・Cクラス

・3Dロータリーツイーター (3color) ¥95,800+税/(12color) ¥95,800+税
・アンビエントライト12colorキット ¥45,800+税
・エアベント・アンビエントライト(3color) ¥95,800+税/(12color) ¥95,800+税/
(64color/後期のみ) ¥95,800+税
・W205後期テール+s.p.o cableキット ¥125,000+税
・シーケンシャルウインカー ¥45,800+税

スターズ TEL:072-869-1188 http://www.stars-japan.co.jp/


画像ギャラリー