ドコモが新・車内向けインターネット「定額使い放題」接続サービスを開始

ドコモが新・車内向けインターネット「定額使い放題」接続サービスを開始

日産新型スカイラインとパイオニア製品が対応

 NTTドコモ(以下ドコモ)は、2019年9月10日(火曜)より車内向けインターネット接続サービス「docomo in Car Connect」の提供を開始する。ドコモの高速データ通信を定額で制限なく利用できるもので、3つの料金プランを用意している。なお同時に、日産は今秋発表予定の新型スカイライン、パイオニアは秋以降に発売予定のカーエレクトロニクスが、このサービスに対応するとそれぞれ発表した。

「docomo in Car Connect」は、通信機(TCU)を通じて、スマートフォンやタブレット端末、ゲーム機、ノートパソコンなどの対応端末で、Wi-Fiを利用できるインターネット接続サービスだ。新型スカイラインやパイオニア製新型カーエレクトロニクスには、このサービスに対応した通信機が搭載される。ドコモが車内向け新インターネット接続サービスを発表

特徴をピックアップすると

  • データ通信量の上限や利用可能データ量超過による通信速度制限などがなく、定額で使い放題
  • 利用シーンに合わせて3つの期間から選択可能
  • 日本全国のLTEエリアで利用可能
  • ドコモの回線契約をお持ちでない方でも、dアカウントがあれば利用可能。さらにdポイントがたまる、つかえる

ドコモが車内向け新インターネット接続サービスを発表

 料金プランは、1日500円、30日1500円、365日1万2000円の3つの利用期間から選択することが可能。データ通信量の上限や利用可能データ量超過による通信速度制限などを気にすることなく、動画や音楽、オンラインゲームなどデータ通信量の多いコンテンツを手軽に安心して楽しむことができるわけだ。

 


画像ギャラリー