モト グッツィ V7 III Stone Night Pack、LEDライトなどの新装備でスタイリッシュに進化

モト グッツィ V7 III Stone Night Pack、LEDライトなどの新装備でスタイリッシュに進化

縦置き空冷Vツインエンジンを搭載

 8月9日、イタリアの2輪車メーカーであるモト・グッツィの人気モデル、モト・グッツィ V7III Stoneをよりスタイリッシュに仕立てた『V7III Stone Night Pack』(ブイセブンスリー・ストーン・ナイトパック)が発売された。縦置き空冷Vツインエンジンを搭載したV7III Stoneをベースとし、V7シリーズでは初となるLEDライトを前後に新採用したモデル。新設計のリアフェンダーとシートを装着してデザイン性を高めたモデルになっている。ナイトシーンではヘッドライトがイカリングのように輝く。

モト グッツィ V7 III Stone Night Packが発売

 V7 III Stone Night Packは、ヘッドライトだけでなく、ウィンカーおよびテールライトに視認性の高い高輝度LEDが採用され、安全性とデザイン性を向上。 ヘッドライトとインストルメントパネルを低く配置し、ブレーキランプブラケットと一体化した新しいリアフェンダーと、新デザインのナンバープレートホルダーによって美しく統一されたスタイリングを誇っている。

 また、シートはヒートシーム加工によって成形された美しい外観に、刺繍によるMOTO GUZZIロゴを投入した専用品を与えた。

モト グッツィ V7 III Stone Night Packが発売

 V7IIIシリーズのスチール製フレームは、フロント部分が完全に改良・強化され、コーナーにおけるダイナミックな走り、より良いハンドリングと安定性を発揮する新しいステアリングジオメトリーを実現。最高出力は52hp/6,200rpmまで引き上げられ、最大トルクは60Nm/4,900rpmを発揮する。

 他にはABSシステムと、無効にもできる新しい調整式MGCT(モト・グッツィ・トラクション・コントロール)システムを装備。前者は急ブレーキング時にホイールロックを防ぐ2チャンネルのContinental製システムで、後者は加速時にリアホイールのスピンを防ぐシステムとなっている。

 MGCTシステムは、感度レベルを2段階に調整可能。ひとつは、濡れているような滑りやすい路面グリップの低い状況で、控えめかつ理想的に作動し、もうひとつはドライ路面で安全にスリリングな走りを楽しめるように設定できるという。このトラクション・コントロールシステムは、タイヤの摩耗や純正とは異なるプロファイルのタイヤの使用時によるリアタイヤの外周長の変化を補正することを可能としている。

モト グッツィ V7 III Stone Night Packが発売

 

【詳しくはこちら】

モト グッツィ V7III Night Pack
メーカー希望小売価格 (税込):¥1,242,000


画像ギャラリー