トヨタ自動車大学校の学生がアメリカ・ナスカーでレースメカ体験

トヨタ自動車大学校の学生がアメリカ・ナスカーでレースメカ体験

海外のレース現場で肌で感じる体験研修

 長年アメリカン・モータースポーツに携わってきた服部茂章氏が立ち上げたNASCAR(ナスカー)唯一の日本人オーナー・チームである「Hattori Racing Enterprises(HRE)」。本Webでたびたびここで紹介している通り、現在アメリカでもっとも人気のある自動車レース「ナスカー」の3大カテゴリーのひとつ、ピックアップトラックを模したマシンで競われる「2019NASCAR Gander Outdoors Truck」シリーズ(トラック・シリーズ)にシーズンエントリー。さらには新型スープラを使用し、「NASCAR XFINITY SERIES(エクスフィニティ・シリーズ)」へスポット参戦も開始している。

 そんなHREは、ほかにもナスカーの下位シリーズの地方戦であるNASCAR K&N Pro Series Eastにもトヨタ・カムリでフル参戦。チャンピオンチームとしてゼッケン1をつけるこのマシンのステアリングを握るのは、今シーズンから合流したノースカロライナ州出身のマックス・マクラフリン選手(18歳)である。トヨタ自動車大学校の学生が研修でナスカーに参戦するHREチームに合流

 このNASCAR K&N Pro Series Eastシリーズは、2月の開幕戦から10月4日の最終戦まで全12戦が予定されている。その第7戦「Casey’s General Store 150」が、7月26日(金)、アイオワ州ニュートンにあるアイオワ・スピードウェイで開催された。アイオワは、1周0.875マイル(1.4km)の高速ショートオーバルコースで、これを150周で争うこととなる。第7戦はイーストとウエストの両シリーズの強豪が集う東西シリーズの混合戦となった。トヨタ自動車大学校の学生が研修でナスカーに参戦するHREチームに合流

 このレースの現場に、神戸、名古屋、東京のトヨタ自動車大学校3校の学生がHREに合流した。これは、ナスカー・プログラムと題された合同研修で、2週間の海外研修および実際のレース体験を行う。海外でのレースメカニック体験を通じて、コミュニケーション能力の向上や異文化との交流、高度な整備技術の習得などを目指しているのだ。HREとしては2012年から受け入れを開始し、今回で8回目となる。

 各校から選抜された6名の学生は、午前中は英語でNTI(NASCAR Technical Institute)の講師やHREのスタッフとコミュニケーションをとりながらナスカーについて学び、午後は研修受け入れ先であるHREのファクトリーでレースに参戦するマシンを製作。さらにタイヤ交換の特訓も受けている。

トヨタ自動車大学校の学生が研修でナスカーに参戦するHREチームに合流 そして迎えた実践の場、ワンデーで行われるこのK&N Proシリーズ第7戦は、午後7時30分に決勝レースを迎えた。予選で5番グリッドを獲得した #1 YAZAKI/DNP TOYOTA TECHNICAL COLLEGE TOYOTA CAMRYは、多少の接触があったものの、トップ5のポジションをキープ。しかし、そのマシンはオーバーステア気味で、その症状はレースが進むにつれて進行していく状況で苦戦する。50周終わりで最初のブレイクタイムを迎えたマクラフリン選手はすかさずピットイン。チームクルーがマシンをチェック。無理をせず現状をキープしながらの走行を指示。

 100周終わりの2回目のブレイクタイムで再びピットイン。ここで6名の学生クルーたちは、特訓の成果を見せ、素早く4本のタイヤを交換。レース終盤も果敢に攻めたマクラフリン選手は10位でチェッカーを受けた。トヨタ自動車大学校の学生クルーチームとしては、5年連続でトップ10フィニッシュを果たすこととなった。トヨタ自動車大学校の学生が研修でナスカーに参戦するHREチームに合流

 日本には数多くの自動車大学校があり、現在SUPER GTなどの現場にそういった学生が研修としてチームに帯同する姿を頻繁に見かけるようになった。しかし、ナスカーという海外に出てレースの現場を見るという機会は非常に珍しいものといえる。服部チーム代表は「学生達の貴重な経験をサポートして下さった協賛企業の皆様に御礼申し上げます」とコメントしている。矢崎総業、大日本印刷、日野自動車、東郷製作所、東海理化、シロキ工業、キャタラー、セカイズといった企業の協賛によって成り立っているという。


画像ギャラリー