【訃報】フォルクスワーゲングループのCEO、フェルディナンド・ピエヒ氏が逝去 (1/3ページ)

【訃報】フォルクスワーゲングループのCEO、フェルディナンド・ピエヒ氏が逝去

ポルシェやアウディでもレジェンドを打ち立てているフェルディナント・ピエヒさん

 スポーツカーメーカー、ポルシェの生みの親であり、VWビートルの開発者としても知られるフェルディナント・ポルシェ博士の孫で、ポルシェで技術者として腕を奮った後、アウディに移籍し技術開発部門のトップを任され、後にはアウディに加えてVWでも重職を務めたフェルディナント・ピエヒさんが8月25日、亡くなられました。亨年82歳でした。

【関連記事】メーカー直系ブランドなのに攻め過ぎ! 型破り過ぎた「超希少コンプリートカー」4選

フォルクスワーゲングループのCEOであるフェルディナンド・ピエヒ氏が逝去画像はこちら

ポルシェの1970年ル・マン初優勝となるポルシェ917も開発

 1937年の4月、オーストリアはウィーンで、ポルシェ博士の長女、ルイーゼ・ピエヒさんと、弁護士であるアントン・ピエヒさんの間に次男として誕生したピエヒさんは、チューリッヒ工科大学を卒業後、1963年にポルシェに入社。翌年にデビューするポルシェ904を手始めに様々なレーシング・スポーツカーを手掛けることになりました。

フォルクスワーゲングループのCEOであるフェルディナンド・ピエヒ氏が逝去画像はこちら

 その後も技術開発グループのチーフとしてポルシェ908や910など2リッター級のグループ6レーシングスポーツを開発し、国際マニュファクチャラーズ選手権で活躍しています。

フォルクスワーゲングループのCEOであるフェルディナンド・ピエヒ氏が逝去画像はこちら

 さらに68年には翌シーズンの世界メーカー選手権用に総合優勝を狙うべく4.5リッター水平対向12気筒エンジンを搭載したポルシェ917を開発しています。

 25台が生産されホモロゲーションを受けた917は、69年シーズン半ばにデビューし、最終戦のエステルライヒリンク(オーストリア)で行われた1000kmレースで初優勝。翌70年にはワークスチームは活動を休止したものの、ワークスマシンを託されたJWオートモーティブ・エンジニアリングがガルフ・カラーを纏って大活躍。全10戦中7戦に勝利、さらにポルシェ・ザルツブルグ・チームも2勝を挙げてライバルを一蹴。またポルシェにとって悲願だったル・マン24時間レースの総合優勝も果たすことになりました。

 71年に登場した進化型の917/20はそのポッチャリとしたルックスが豚に似ていると言われボディ各部に豚肉の部位名が描かれて話題になったことは、古くからのモータースポーツファンにはおなじみのエピソードですね。

 また72年以降は5リッター以下のスポーツカーが世界メーカー選手権から締め出されることになったために、917は北米を主体に戦われていたCan-Amシリーズにも参戦することになりました。こちらは水平対向12気筒エンジンにターボを装着してパワーアップ。最終進化型の917/30 Spyder最高出力が1100馬力に達していました。

フォルクスワーゲングループのCEOであるフェルディナンド・ピエヒ氏が逝去画像はこちら

画像ギャラリー