「LINE」がカーナビアプリに参入、音声操作を可能としたトヨタの高品質ナビを搭載

「LINE」がカーナビアプリに参入、音声操作を可能としたトヨタの高品質ナビを搭載

最新の地図データも無料更新

 LINEは、「Clova」で培った⾼精度の⽇本語⾳声認識、⾳声合成技術を活⽤した⾳声インターフェースと、豊富な⾛⾏データをもとにトヨタのハイブリッドナビエンジンを連携させた、AIのカーナビアプリ「LINE カーナビ」の提供を開始した。LINEの無料カーナビアプリである「LINE カーナビ」が提供開始

 トヨタのハイブリッドナビエンジンはトヨタスマートセンターで収集した、リアルタイムの走行情報やVICS等の外部情報を組み合わせた膨大なデータを使用。保有する地図データで最適なルートを探索し、ナビに配信するシステムだ。案内ルートを外れた時のリルートなど、素早い応答が必要な場合は、ルートの再探索をナビでの処理にハイブリッドに切り替える機能を持たせている。LINEの無料カーナビアプリである「LINE カーナビ」が提供開始

 この⾼精度なナビエンジンと⽇本語⾳声認識に優れたAIアシスタント「Clova」を連携。これにより、⾛⾏中も安全・便利に、楽しくスマートフォンのサービスが使用できるようになった。

 「ねぇClova、新宿駅に⾏きたい」などと話しかけて⽬的地設定をできるカーナビ操作に加え、たとえば⾳楽再⽣、家電操作といったAIアシスタント「Clova」で提供しているサービスによって「ねぇClova、ドライブに合う曲かけて」「ねぇClova、リビングのエアコンつけて」と、音声操作も可能としている。LINEの無料カーナビアプリである「LINE カーナビ」が提供開始

 そして、運転中に連絡を取りたいときも、「ねぇClova、LINE送って」などと話しかけることで、スマートフォンの画⾯を⾒ることなくLINEのメッセージを送受信できたり、メッセージを聞いたりすることも可能。加えて、⾛⾏中に寄り道をしたくなった場合でも、⾞を停車させることなく「ねぇClova、近くのコンビニ教えて」などと⽬的地の再設定なども可能になっている。LINEの無料カーナビアプリである「LINE カーナビ」が提供開始

 「LINE カーナビ」の利⽤は無料。地図情報は最速、最頻度で⾃動更新され、車や⾞載機の種類を問わず、データの更新費⽤や⼿間をかけずに利⽤できる。そして、アプリ単体での使⽤のほかに、SDL(Smart Device Link)対応アプリとして⾞載機に接続して使⽤することも可能。こちらの対応⾞種や提供開始⽇などの詳細は後⽇発表予定とのこと。

 今後もLINEの無料通話機能や利⽤傾向によってルート案内をパーソナライズする機能、駐⾞場との情報連携機能なども追加。利便性もアップデートしていく予定という。また、LINE、トヨタの両者が有するビッグデータや技術によって、さらに⾼精度な到着時刻予測、最適なルーティングなどを⽬指し、将来的には「LINE」上でのお店の検索から、予約、⾏く、決済する、といった移動の流れを最適化させるMaaSへの取り組みも検討中。LINEの無料カーナビアプリである「LINE カーナビ」が提供開始

 対応OSは、iOS11.0 以降、Android5.0以降。「LINE カーナビ」を通じ、⼈と⾞の距離を縮め、⾞と会話をする世界を実現し、ユーザーのドライブをより充実なものにしてくれそうだ。


画像ギャラリー