タイヤ空気圧管理システム「TPMS MR」 キャンピングカー&ドレスアップカー乗りの救世主に (1/2ページ)

タイヤ空気圧管理システム「TPMS MR」 キャンピングカー&ドレスアップカー乗りの救世主に

軽自動車からキャンピングカーまで、誰でも簡単に

 タイヤの空気圧点検はどれくらいの頻度で行なっていますか? 推奨されているのは月に1度のペースと言われてますが、実際には全くチェックしていないという読者もいるでしょう。しかし、空気圧が低い状態で走行すると、乗り心地やハンドリングといった走行安定性が損なわれるだけでなく、転がり抵抗が大きくなることで燃費も悪化。そして、なによりもパンクという危険まで伴ってくるのです。それでもタイヤの空気圧不足に危機感を持つ人が少ないのが現状です。タイヤ空気圧センサー(管理装置)のTPMSでオススメのウェッズ「TPMS MR」

パンク急増に伴う、TPMSの普及

 ここに「JAFロードサービス」の救援依頼内容(2019年8月度)に関するデータがあります。出動理由で最も多かったのは『バッテリーの過放電』の57,345件。なんと2位は『タイヤのパンク、バースト、エア不足』であり、じつに40,316件も発生していたのです。わずか1ヶ月、しかもJAFだけの件数と思えば人ごとではないはずです。タイヤ空気圧センサー(管理装置)のTPMSでオススメのウェッズ「TPMS MR」

 そんなタイヤの空気圧を常時監視する装置として注目されているのが「TPMS(タイヤ・プレッシャー・モニタリング・システム)」というもの。すでにアメリカでは新車に対して義務化されており、日本でも標準装備化が進められていますが、まだまだ浸透しきれていない状況です。

 そこで注目されているのがアフターメーカー製のTPMS。数千円から購入できますが、実際の空気圧と異なっていたり、設定が非常に面倒だったり、車種やタイヤによって対応できないなど、安かろう悪かろうな市販品が多いのも事実。そんな不安や煩わしさをすべて解消する次世代のTPMSこそ、ウェッズギアの『TPMS MR(TPMS MIDDLE RANGE)』なのです。では、どこか魅力なのかじっくりと追求していきましょう。タイヤ空気圧センサー(管理装置)のTPMSでオススメのウェッズ「TPMS MR」

 


画像ギャラリー