日常点検にひと手間プラス!サーキット走行前にやっておきたい基本準備9つ (1/2ページ)

日常点検にひと手間プラス!サーキット走行前にやっておきたい基本準備9つ

特殊工具不要!ビギナーにもできる事前点検

 サーキット走行はクルマに大きな負担がかかり、一般道では考えにくいトラブルが起きる可能性もある。だが走行前のちょっとした準備や確認で、それらの大半は防ぐことができるのだ。走行の前日までにやっておくことと、走る直前にやるべきことをまとめてみた。

 ココで紹介するのは高価な工具や特殊な設備が不要で、かつDIY経験のない人でも悩まずにできることばかり。サーキットでのマシントラブルは自分が走れなくなるだけではなく、他の参加者を巻き込むクラッシュに繋がったり、みんなの走行時間を奪うことにもなりかねない。せっかくのサーキット走行を後味の悪い体験にしないためにも、最低限の準備をしてから参加するのがマナーと心得よう。

サーキットを走る前日までに確認すべき4項目

1:タイヤの溝の残量や傷&異物をチェック

 サーキットはタイヤの消耗が激しいため、溝の残量が確実にあるかチェック。スリップサインが出ているなんてのは論外だし、あまり古いタイヤもゴムが劣化しバーストなどを起こす危険性がある。同時にクギなど異物が刺さっていないかも自分の目で確認しておくべし。

サーキット走行前のチェック準備アイテムはタイヤ空気圧やブレーキパッド、オイル、クーラントなど

 

 

2:ブレーキパッド残量やローターの亀裂

 パッドの残量を確認するのはモチロン、ローターに亀裂が入っていないか、また極端に薄くなっていないかも見ておこう。ブレーキ系のトラブルは大きな事故に直結するので、コンディションを自分で判断できなければ、作業を含めプロの手を借りるのが安全&安心。サーキット走行前のチェック準備アイテムはタイヤ空気圧やブレーキパッド、オイル、クーラントなど

 

3:オイルやクーラントの汚れや量

 エンジンオイルは走行前に交換するのがベストで、必要に応じてミッションオイルやデフオイルも。ブレーキフルードは規定量が入っているか、また極端に汚れていないかチェックしよう。クーラントの量と汚れもラジエーター本体、リザーバータンクともに要確認。

サーキット走行前のチェック準備アイテムはタイヤ空気圧やブレーキパッド、オイル、クーラントなど

 

4:装備や工具など走るために必要な道具

 長ソデ&長ズボンにグローブ、ヘルメットを忘れたら走行できない。ジャッキやクロスレンチといった基本的な工具、参加受理書や健康保険証も忘れずに。油脂類やタイヤの予備は自分のためだけじゃなく、他の参加者がトラブルを起こしたとき役立つ可能性もある。

サーキット走行前のチェック準備アイテムはタイヤ空気圧やブレーキパッド、オイル、クーラントなど


画像ギャラリー