DIYでの肌荒れトラブルを予防! 塗るだけで汚れを付きにくくする「肌ガード」

DIYでの肌荒れトラブルを予防! 塗るだけで汚れを付きにくくする「肌ガード」

保護膜が汚れや臭いからガードする

 DIYでクルマいじりするとき、気になるのがオイルやダストによる手などの汚れ。MSネットの「肌ガード」は、塗るだけで保護膜を形成し、そんな汚れの付着を抑制してくれるクリームだ。

【関連記事】「嗚呼、新車で買っときゃよかった!」将来値段が高騰しそうな「意外な国産車」4選

DIYでのスキントラブルを予防!塗るだけで汚れも付きにくくする「肌ガード」画像はこちら

 この肌ガードを発売するMSネットは、LED作業灯やドライブレコーダーなどの自動車関連アイテムをリリースするメーカーだ。それゆえDIYユーザーはもちろん、自動車関連などで働く人たちの環境を考慮して、同製品の取扱を始めたという。DIYでのスキントラブルを予防!塗るだけで汚れも付きにくくする「肌ガード」画像はこちら

 ちなみに手荒れが起きてしまう多くの原因は、外部からの刺激と皮膚を守る水分や脂分といった保湿成分が流出してしまうため。そこで肌ガードは、アミノ変性シリコーン、フッ素化合物、ポリビニルピロリドンという3つの成分で外部からの汚れや臭いをブロック。もう少し詳しく説明するとシリコーンが手肌に吸着し、フッ素化合物が撥水させ、その効果をポリビニルピロリドンが手袋をするようにコーティングするという仕組みだ。さらに天然保湿成分のひとつであるPCA誘導体も配合されている。DIYでのスキントラブルを予防!塗るだけで汚れも付きにくくする「肌ガード」画像はこちら

 このようにコーティングすることで、外部からの汚れや臭いなどの刺激から肌を守り、擦りむけを抑制し、水分・脂分の流出を防ぐことで保湿成分を補うことができるという。さらに塗った後のベタつきが少ないので、作業性を妨げないようになっている。このあたりは、自動車関連パーツを販売する同社ならではの視点と言えるだろう。また、手だけではなく、顔や腕、足にも使用できる。DIYでのスキントラブルを予防!塗るだけで汚れも付きにくくする「肌ガード」画像はこちら

 家庭での水仕事からクルマの作業、建設・土木や工業の現場でも使用できるようになっている。ちなみに、汚れや臭いが付きにくいということは、少ないセッケンなど洗剤で手洗いなどが終わるので肌へのダメージも減少することができるだろう。下の写真は、油性マジックを塗ったあと、こすり洗いした比較。右は肌ガードを塗っていたので、マジックの跡が薄くなっている。DIYでのスキントラブルを予防!塗るだけで汚れも付きにくくする「肌ガード」画像はこちら

MSネット https://www.msnet.asia/

画像ギャラリー