クルマいじりの必需品!油圧ジャッキの正しい選び方 (1/2ページ)

クルマいじりの必需品!油圧ジャッキの正しい選び方

耐荷重800kgでも2tのクルマが持ち上がる

 カーライフを楽しむ人にとって欠かせないのがクルマをリフトアップするジャッキだ。スタッドレスタイヤへの交換、DIYでのクルマいじり、サーキット走行会での足回りの確認…..、やりたいことはたくさんある。車載工具としてある「ネジ式ジャッキ」でもことは足りるかもしれないが、「油圧ジャッキ」(以下ジャッキ)があれば圧倒的に作業時間も労力も節約できるのでありがたい。

 そんなジャッキだが、フロアタイプやパンタグラフ(シザース)タイプなどさまざまな種類がある。また購入時にチェックすべき点もいくつかあるので紹介しよう。

【関連記事】日産「サクラ」&三菱「eKクロスEV」がイヤーカーに決定! 日本カー・オブ・ザ・イヤー2022-2023の各賞を発表

画像はこちら

持ち上げられる重さをまずチェック

 チェックポイントのなかでももっとも重要なのが、どれだけの重さを持ち上げられるかという点だ。これはジャッキのどこかに「最大荷重」や「能力」という表記で示されていている。

【関連記事】日産「サクラ」&三菱「eKクロスEV」がイヤーカーに決定! 日本カー・オブ・ザ・イヤー2022-2023の各賞を発表

画像はこちら

 ホームセンターや自動車パーツ量販店などで販売されているフロアジャッキでは2トンタイプが多い。一般的な乗用車であれば車重は2トン以下なので、この2トン用ジャッキを購入しておけば大かたカバーできてしまうはずだ。

 ただフロアジャッキは、油圧ピストンの数やサイズによっては荷重が載ったときのレバーの手応えが強くなることもある。

画像はこちら そのような時に「最大荷重を超えてないか?」と不安になることもあるだろうが、レバーを操作して持ち上がるならば大丈夫。

 仮に2トン用のフロアジャッキで車重2.5トンのクルマをリフトアップしてあったとしても「ジャッキポイントから受ける荷重は最大荷重内である」ということだ。

 ちなみに、最大荷重を超えていると、ジャッキにはオーバーロードバルブ(安全弁)が付いているので、設定値以上の荷重が掛かったときは油圧がリリーフ(抜ける)されるため持ち上がらなくなるようになっている。

 レバーを操作しても高さが変わらなくなったら、ジャッキを掛けたポイントから受ける重さが最大荷重を超えているということなのだ。

 このようなことから、レバーを操作してジャッキが持ち上がっている限りは、最大荷重内なのでリフトアップを続けても良いわけだ。

 もし、レバー操作が重くなるのを嫌うのであれば、ピストンサイズに余裕がある最大荷重が大きいモデルや複数のピストンを使用しているモデルを選ぶといい。

画像はこちら

 ときどき上げたジャッキが時間が経つと下がってくるということがある。それはジャッキの荷重不足ではなくて油圧系のトラブル、もしくは不良品とみたほうがいい。こうなったら修理が必要だ。 

 なお、長期間使用したジャッキではジャッキオイルが滲んだりして油量が減っている場合もあるが、この状態では「油量不足で油圧が最大値まで上がらない=途中までしか上がらない」という症状になる。使い込んだジャッキで持ち上げに難があるならオイルの補充をしてみるといいだろう。

サドル位置はクルマの車高にあっているか

 もう一つのポイントは、サドル(ジャッキのお皿)の位置。一番低くしている状態でも、車高が低いクルマだとジャッキポイントの下に入らないケースがある。

 そのようなクルマにはローダウン車用ジャッキを選ぶと良いだろう。または、スロープや角材をタイヤの下に敷いて(登らせて)車高を高めれば、ジャッキがボディの下に入れることができる。

画像はこちら