メリットはある? 車検や洗車のときに聞く『クルマの下まわり洗浄』とは (1/2ページ)

メリットはある? 車検や洗車のときに聞く『クルマの下まわり洗浄』とは

必須項目でない作業が必要となるケース

 車検の見積もりに、項目として含まれるケースの多い「下まわり洗浄」。言葉どおりクルマの下まわりを洗うメニューだが、じつは車検をクリアするのに必須というワケじゃない。ただし、オイル漏れやプラスチックやブーツ類のヒビ割れなど、トラブルの早期発見に繋がるケースもあるので、デメリットはないはずだ。

 もし手もとに車検の見積もりや明細があれば、そこに「下まわり洗浄」の文字があるか探してみよう。この下まわり洗浄は、ボディの下側を高圧洗浄機でクリーニングし、汚れなどを洗い流すというカンタンなもの。人によっては「本当にそれは必要なの?」と思うかもしれないし、「自分でやれば費用を節約できる」と考えるかもしれない。

【関連記事】日産「シルビア」に1120台だけのカブリオレがあった! メタルルーフを採用した「ヴァリエッタ」とは

自動車の下回り洗浄やスチーム洗浄は必要なのか画像はこちら

トラブルを早期発見できる可能性

 では、下まわり洗浄をプロに依頼するメリットを考えてみたい。まずは何といっても汚れを取り去ることで、前述のようにオイル漏れを始めとするトラブルを発見できること。検査官が見逃したりする可能性はあるけど、基本的にオイル漏れがあれば車検はクリアできないし、気付かず放置すればもっと大きなトラブルを引き起こす可能性が高い。

 また、すでにオイル漏れの修理を済ませている場合でも、どこかにオイルが付着していれば当然ながら”漏れ”を疑われ、下まわりの検査に余計な時間と手間がかかる。時期にもよるが車検場の検査ラインは混雑していることが多く、スムーズかつスピーディに業務を行なうため、持ち込む前には下まわりを洗浄するのが慣例といっていいだろう。汚れが酷ければ「キチンと整備していないのではないか」と、検査官に与えるイメージが悪くなるのも避けられないのだ。

【関連記事】日産「シルビア」に1120台だけのカブリオレがあった! メタルルーフを採用した「ヴァリエッタ」とは

自動車の下回り洗浄やスチーム洗浄は必要なのか画像はこちら