マツダ・ロードスターが一部改良、新色ポリメタルグレーメタリックを追加して質感を向上

マツダ・ロードスターが一部改良、新色ポリメタルグレーメタリックを追加して質感を向上

特別仕様車「SILVER TOP」も設定

 いまや世界的を代表するライトウエイト・オープン2シーターである「マツダ・ロードスター」が一部改良を行ない、質感を高める内外装色を採用。レイズ製16インチホイールやブレンボ製ブレーキシステムを新たにオプション設定した。他にもグレーのソフトトップを与えた特別仕様車「SILVER TOP」も加えられている。

 ロードスターは1989年に初代モデルが登場(当時はユーノス・ロードスター)し、海外では「MX-5」、「MX-5ミアータ」と呼ばれ大ヒット。2019年は生誕30周年を迎え、累計販売台数は109万台を超えた。4代目となる現行モデルは2015年に登場し、幌のソフトトップで1.5リッター直4エンジンを搭載する「ロードスター」と、ルーフを13秒で開閉でき、2リッター直4エンジンを搭載する「ロードスターRF(リトラクタブルハードトップ)」を設定。駆動方式はどちらもFR(後輪駆動)だ。マツダロードスター、質感を高める内外装色の変更と特別仕様車を追加画像はこちら

 一部改良による変更点はボディカラー。2019年5月に登場したマツダ3(旧車名:アクセラ)から採用された「ポリメタルグレーメタリック」をロードスターにも新採用。また、本革を上質に見せる穴開け加工を設定し、ステッチカラーは赤から明るいグレーに変更された。

 また、ステンレス製のスカッフプレートを用意したり、内装も若干ではあるが質感を高める変更を実施。自動ブレーキシステムは夜間の歩行者検知機能が追加され、安全面も高められた。マツダロードスター、質感を高める内外装色の変更と特別仕様車を追加画像はこちら

 ソフトトップのロードスターには「RAYS」と共同開発した鍛造16インチアルミホイールを新設定(約3kg軽量)。オプションで前輪にブレンボ製ブレーキも用意されている。マツダロードスター、質感を高める内外装色の変更と特別仕様車を追加画像はこちら

 さらにハードトップ仕様のロードスターRFには、バーガンディ・レッドのナッパレザーインテリアを採用する新グレード「VS Burgundy Selection」を新たに設定。マツダロードスター、質感を高める内外装色の変更と特別仕様車を追加画像はこちら

 なお、特別仕様車として「SILVER TOP」も用意された。これはその名の通りソフトトップがグレーとなり、見た目の印象はこれまでの黒とは大きく変わる。同時にボディ同色のドアミラーも採用された。マツダロードスター、質感を高める内外装色の変更と特別仕様車を追加画像はこちらマツダロードスター、質感を高める内外装色の変更と特別仕様車を追加画像はこちら

画像ギャラリー