クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • ワークスチーム
  • 外遊びや車中泊の装備をまるごと投入! デイキャンプも楽しいミニバンや軽トラック3選
ワークスチーム
share:

外遊びや車中泊の装備をまるごと投入! デイキャンプも楽しいミニバンや軽トラック3選

投稿日:

TEXT: 佐藤 圭 PHOTO: 佐藤 圭

アウトドア用カスタマイズを施した最新コンプリートカー

 キャンプやトレッキングから始まったアウトドアのブーム。数年が過ぎてもまるで衰えることなく、ライフスタイルのひとつとして定着した感がある。そんな外遊びが大好きな趣味人のために作られた、使い勝手もオシャレ感も満点なコンプリートカーを紹介しよう。

 

遊べるミニバンをカタチにした2列シート仕様

 コンプリートカーとは、市販車をベースにカスタマイズされたオリジナル車両で、最近のアウトドアブームにより、外遊びや車中泊がより快適で便利になる装備を施したクルマも増えている。先日開催された東京モーターショー2019にも、そういったアウトドア・テイストが満載のコンプリートカーを、様々なメーカーが展示していたのでチェックしてみた。

 まずはトヨタ直系のカスタマイズブランドとして、優れたクオリティのパーツを開発する「モデリスタ」から。ミニバンといえば、本来ならば3列シート(7人乗り or 8人乗り)なのだが、こちらは2列シート(5人乗り)というレイアウトを採用した『MU(エムユー)』だ。 ベース車はトヨタ・ノアで、3列目のシートに相当する部分には、広大なラゲッジスペースが出現。当然ながら単に積載量を増やすだけが目的ではなく、フロアには耐摩耗性に優れ、手入れもラクなオーク木目調のパネルを装着している。

 パネルは4分割が可能で、荷物を固定するためのアンカーナットなども装備。パネル下の床下部分には大容量の収納スペースもあり使い勝手はバツグンだ。

 また、テールゲート付近のルーフには、本来3列シート用のシートベルト取り付け金具があった箇所にハンガーフックを装備、クォーターには小物入れが付いたトリムカバーを設けるなど、標準車の装備や空きスペースを最大限に活用している点も見逃せない。

 なお、テーブルやラゲッジの仕切りに使えるマルチユースボード、高級感あるスウェード調の専用シートカバー、サイクルホルダー/ロッドホルダーといったオプションも豊富。価格は293万400円〜だ。

 

ウッドの温もりとフレキシブルな車内構造が魅力

 続いては「オートバックスセブン」が『心踊るガレージライフ』をテーマに展開するブランド、ゴードンミラーの『GMLVAN C-01』。こちらは日産のNV200をベースにした車両で、リビング/カウチ/ベッド/ラゲッジと、シチュエーションに合わせて多彩に変化するシートアレンジが魅力だ。

 快適な車中泊を可能とするフルフラットなベッド、天然木でカバーしたルーフに埋め込まれる暖色のLED、床面には濡れた荷物を積んだり土足で上がっても平気な塩ビシートを敷くなど、素材にこだわりつつ掃除のしやすさや、温もりのある空間作りに妥協なし。

 また、オリジナルのボディカラーであるオリーブドラブとコヨーテは、日産の生産工場でペイントされており新車と変わらない品質を誇る。

 車両本体価格(税込)は322万9000円~で、もうひと回り大きなトヨタ・ハイエースをベースとした『GMLVAN V-01』もある。

 

クルマの荷台にテントという大胆&斬新発想

 最後はダイハツの軽トラック「ハイゼット・ジャンボ」を、テントキットやリフトアップなど数々の専用装備でカスタムした、カーファクトリー・ターボーの『バグ・トラックS510P』を取り上げたい。

 特筆すべきは、荷台部分に設置する特別仕様の幌だ。組み立て式のフレームに被せてセットすることで、より自然を身近に感じるテントとなるこの幌は、メッシュ付きサイドウインドウなどもあり夏も快適そのもの。また、脱着も短時間で可能で、使い勝手は抜群。3つのカラーバリエーションを用意。また、フレームはボディと同色に塗装されているなど、品質だけじゃなく見た目のカッコよさにもこだわったという。

 さらに、車検対応幅のオーバーフェンダーやM/Tタイヤ、リフトアップキットにグリルガードなどで全体のルックスや悪路走破性も向上している。

 なお、元々ハイゼット・ジャンボはシートがリクライニングする仕様のため、長距離の移動も快適であることも大きなもメリットだろう。

 販売価格は215万円~で、女性もラクラクなオートマチック車(4WD)の設定のみとなる。

すべて表示
  • 佐藤 圭
  • 佐藤 圭
  • 1974年生まれ。学生時代は自動車部でクルマ遊びにハマりすぎて留年し、卒業後はチューニング誌の編集部に潜り込む。2005年からフリーランスとなり原稿執筆と写真撮影を柱にしつつ、レース参戦の経験を活かしサーキットのイベント運営も手がける。ライフワークはアメリカの国立公園とルート66の旅、エアショー巡りで1年のうち1~2ヶ月は現地に滞在。国内では森の奥にタイニーハウスを建て、オフグリッドな暮らしを満喫している。
著者一覧 >

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS