200万円台で購入できる本格レーシングマシン!全国7カ所でワンメイクレースを開催

200万円台で購入できる本格レーシングマシン!全国7カ所でワンメイクレースを開催

発売開始から10周年を迎えたVITA-01

 12月7日(土)~8日(日)、三重県・鈴鹿サーキットで開催された鈴鹿クラブマンレースの最終戦が開催された。そのレース区分のひとつである「クラブマンスポーツ(CS)」は、三重県鈴鹿市に拠点を置き、古くから数々の名レースマシンを手掛けてきた日本のレース・コンストラクターのひとつ、ウエストレーシングが製作する200万円台から購入できる「VITA-01」を使ったワンメイクレース。低コストということもあり、エントリーレースとして日本各地で同様なレースが開催されている。

【関連記事】ヨコハマの熱き競技用タイヤ! ユーザーから絶大な支持を受ける「ADVAN A050」とは

画像はこちら このVITA-01は、セミモノコックフレーム+スペースフレームのオリジナルシャシーに、トヨタ・ヴィッツRSに搭載される1NZ-FE型1.5リッターエンジンをリアに搭載(トランスミッションもヴィッツRSの5速マニュアル)。ブレーキは280mm径のベンチレーテッドディスクローターに4ポッドキャリパーを組み合わせた高性能タイプ。また前後バンパー、サイドにストラクチャーを設け、高い安全性を確保している。画像はこちら

 車両は非常に軽量で、そのボディサイズは全長3712×全幅1600×全高1070mm、ホイールベース2200mm、トレッドは前1390/後1440mmとなる。フロントフェイスは異なる3種類のタイプ(Type A/Type B/Type J)のカウルを用意。価格はユーズドエンジンで車両単体で286万円とローコストであることも大きな魅力だ。画像はこちら

 2010年の発売開始から10年、すでに240台ものこのVITA-01が製造されているという。当初は鈴鹿でのシリーズ戦としてスタート(異なるクラスのマシンと混走)。現在はワンメイクレースとして、鈴鹿ではクラブマンレース(CS)、富士スピードウェイがFCR-VITAと、十勝スピードウェイ(北海道)から、ツインリンクもてぎ(栃木)、筑波サーキット(茨城)、袖ケ浦フォレストレースウェイ(千葉)、岡山国際サーキット(岡山)、そして今シーズンからはオートポリス(大分)も加わり、全国7つのサーキットで年間37戦ものレース(2019年シーズン)が行なわれている。そのほか、女性ドライバーだけでレースを行うKYOJO-CUP(競争女子選手権)や、往年の名ドライバーがイコールコンディションでレースを行うレジェンドカップのマシンとしてVITA-01は使用されている。画像はこちら

 また、日本国内だけでなく、中国、さらにフィリピンでも2018年からシリーズ戦が開催されてもいる。2019年の最終戦となった鈴鹿クラブマンレースには、フィリピンからの参戦者もエントリーした。

 さらにはそのステップアップ版としてトヨタ4A-G型1.6リッターエンジンを搭載するWEST 16Cも3年前から発売。鈴鹿サーキットでのクラブマンレースでは、このマシンを使用する「CS2」というカテゴリーのレースが開催されてもいる。画像はこちら

 ちなみに8周で行われる今年の鈴鹿クラブマンレースには30台が参戦。眞田拓海選手(No.0 spr犬猫殺処分0号VITA)が見事優勝した。

画像はこちら また、レース後には、各シリーズの年間チャンピオンらを呼んで「イヤー・エンド・パーティ」を開催。その場では、情報発信やVITAレーサーのサポートを行うVITA倶楽部をこの11月に会社組織にしたことや、2020年もさらにこの活動が拡大していくことなど、さらなる発展を目指して現在様々な企画が進行中であることが伝えられた。

 2020年シーズンも、この入門用レーシングマシンの活躍するシーンを各地で見ることができるだろう。

 

画像ギャラリー