「クルマ、ときどきバイク」派にオススメ! 50万円以下で狙えるバラエティ豊富な軽二輪に注目

「クルマ、ときどきバイク」派にオススメ! 50万円以下で狙えるバラエティ豊富な軽二輪に注目

国産250ccが価格高騰する中、狙い目は海外生産車

 250ccクラスが、活況を帯びてきている。2気筒や単気筒エンジンを搭載し、スポーツモデルからアドベンチャーモデルまで、大排気量モデルのように色々なカテゴリーから選ぶことができ、今年の東京モーターショーでは80年代を彷彿とさせる4気筒のスポーツモデルも、カワサキから発表された。その手軽さから、免許取得直後のビギナーやリターンライダーにもオススメできる250ccクラスは、クルマ好きがバイクに乗り始める入口としてもうってつけだ。

【関連記事】【試乗】単なるノートの「上級グレード」ではない! 日産ノートオーラが「小さな高級車」と断言できる理由とは

50万円以下で狙えるバラエティ豊富な軽二輪(オートバイ)画像はこちら

 近年、この排気量帯の販売は堅調で、国産4メーカーが若年層に向けてバイク離れを抑える様々な取り組みを実施。くわえてリターンライダーやベテランライダーが、これまでの大排気量崇拝から身の丈に合ったモデルへ移行する流れもあり、幅広い世代から支持を受けている。車検が必要ないこと、高速道路に乗れること、そして手ごろな価格設定がメリットだったが、その重要な価格面に於いて、いま250ccモデルは車両販売価格で50万円を切る車両がほとんどない。

 現在の主要モデルで価格高低の一例を挙げると、高額なモデルの代表として「ホンダ・CBR250RR」は、2気筒エンジン搭載のスポーツモデルでレースでも人気だが、価格は80万3000円(ABS付きは82万1000円~)という設定だ。50万円以下で狙えるバラエティ豊富な軽二輪(オートバイ)画像はこちら

 一方、50万円を下回るモデルとしてはヤマハの「トリッカー」で、こちらはトライアルモデルのようなスリムさをスタイリッシュにまとめたファンライドモデル。こちらは47万6300円と、わずかに50万円を切っている。

 しかし、現実に50万円切りのプライスタグをつけている国産車両は少なく、各メーカーとも同クラスのラインナップは3~4モデル用意しているが、250ccモデルはほとんどが50~60万円台というのが現実だ。50万円以下で狙えるバラエティ豊富な軽二輪(オートバイ)画像はこちら

 背景には、ABSやチャコールキャニスター装着義務(注:チャコールキャニスターとは、人体を含む生態系に有害なガソリンから発せられる蒸気ガスを大気に放出させないように活性炭などで構成される制御装置のこと)など、ここ数年で安全面、環境面での規制強化の波がバイクにも押し寄せ、販売価格にも影響を与えてしまっているという背景がある。

200cc以下のタイ生産車両という選択肢

 そこで注目なのが、国産メーカーが海外工場で生産するモデルだ。ヤマハのインド工場、ホンダのベトナム工場、カワサキのインドネシア工場、スズキのタイ工場など、現在も活況を見せる東南アジアマーケット。日本の各メーカーの現地生産拠点が複数国に点在し、積極的な生産を続けている。

 なかでも最近高い人気を持つのが150~200cc前後で、凝った作りのモデルが増加。日本の250ccという排気量帯に慣れた身としては中途半端なクラスに感じるが、視点を変えて”販売価格”で見てみると、日本でも50万円以下で購入できるのも大きな魅力だ。排気量にとらわれなければ、趣味として十分に楽しめそうなモデルがいくつもある。

 例えば、最近になってヤマハから登場し、兄弟モデルの人気もあって話題を呼んでいるのが、ヤマハ「XSR155」。モダンレトロなスタイリングと、扱いやすいエンジン、装備品もなかなか充実している。

ヤマハXSR155 税込価格 42万9000円50万円以下で狙えるバラエティ豊富な軽二輪(オートバイ)画像はこちら

 一方同じヤマハでも、スリッパ―クラッチやVVA(可変バルブシステム機構)を装備した本格的な走りで人気を博している、YZFシリーズの末弟「YZF-R15」も注目すべき存在だ。

ヤマハ YZF-R15 Ver.3.0 Momster Energy 税込価格 32万9000円50万円以下で狙えるバラエティ豊富な軽二輪(オートバイ)画像はこちら

 また、クラシカルなスタイルで人気のカワサキWシリーズにも、東南アジアに末弟がいる。雰囲気をそのままに、ギュッとデフォルメされたようなスタイルが愛らしい「カワサキ W175」だ。

カワサキ W175 税込価格 29万9000円50万円以下で狙えるバラエティ豊富な軽二輪(オートバイ)画像はこちら

 さらに驚くべきは、装備面でどうしても高価になりがちなアドベンチャーモデルまで登場していること。「ホンダ CB190X」は、3つのパニアケースも標準装備で40万円を下回る価格など、かなりのインパクトを持つ。

ホンダ CB190X 税込価格 37万9000円50万円以下で狙えるバラエティ豊富な軽二輪(オートバイ)画像はこちら

 もちろん国内4メーカー以外にも、ユニークなモデルが存在する。メイド・イン・タイとして日本にも輸入されている「GPX」は、スタイリングも各種選べるところがポイントだ。

GPX ジェントルマンレーサー 税込価格 40万7000円
50万円以下で狙えるバラエティ豊富な軽二輪(オートバイ)画像はこちら そして注目すべきは、これらアンダー250ccクラスの価格攻勢に影響を受けるかのように、250ccにもお手頃価格の国産モデルが登場してきたことだ。今年の東京モーターショーで発表されたスズキ「GIXXER250SF」は、スズキ得意の油冷エンジン搭載とともにその価格が話題となっている。

スズキ ジクサー250SF 税込価格 39万9000円

50万円以下で狙えるバラエティ豊富な軽二輪(オートバイ)画像はこちら

 軽二輪クラスは、いまや250ccだけではなく、豊富な排気量、カテゴリーが揃ってきた。身近で手頃、しかもコンパクトなこのクラスなら、「クルマ、ときどきバイク」という楽しみ方を始める上でもちょうどいい。

 250ccだけではない、車検がなく、高速道に乗り入れ可能なこれら軽二輪クラスにも、ぜひ注目してみてほしい。

 

【詳しくはこちら】
ヤマハXSR155 税込価格 429,000円 (バイク館 SOX)
https://bs-sox.com/buy/detail/201910180001

ヤマハ YZF-R15 Ver.3.0 Mobster Energy 税込価格 329,000円 (バイク館 SOX)
https://bs-sox.com/buy/detail/2019112700001

カワサキ W175 税込価格 299,000円 (バイク館 SOX) 
https://bs-sox.com/buy/detail/2019102500001

ホンダ CB190X 税込価格379,000円 (バイク館 SOX)
https://bs-sox.com/buy/detail/201908300001

スズキ ジクサー250SF 税込価格 399,000円 (バイク館 SOX)
https://bs-sox.com/buy/detail/201908230001

GPX JAPAN

画像ギャラリー