パドルシフト操作はスポーツ走行にオススメできない? サーキットや街乗りでのメリットとは (1/2ページ)

パドルシフト操作はスポーツ走行にオススメできない? サーキットや街乗りでのメリットとは

下手な操作よりクルマに任せた方が速い

 DCT(デュアルクラッチトランスミッション)やCVT(無段変速機)を含む、多くのオートマチック車についているパドルシフト。F1やスーパーGTのマシンもパドルシフトでギアチェンジしているので、サーキットで速く走るためのツールというイメージもあるかもしれない。

 とはいえ、大半のレーシングカーは”フルAT”がレギュレーションで禁止されているので、パドルシフトでシフトチェンジした方が、ATに全部お任せよりも速いことを担保しているわけではない。

 では、実際のところ市販車でサーキットを走る場合、自動任せのATモードとパドルシフト操作ではどちらが速いのだろうか。

【関連記事】お買い物グルマ「エッセ」日本一決定戦! 今季第3戦は「サーキットトライアル」で雌雄を決す

パドルシフトを使うとサーキットを速く走れる?画像はこちら

 これは非常に微妙なとことで、クルマによっても違いがあるが、基本的にはフルATのままの方が速いと考えていい。その理由は2つ。

 まず、機械的な理由として、パドルシフト=マニュアルモードで走っていると、ATは次のシフトチェンジに備えスタンバイ状態をキープし続けることになる。結果、シフトを動かすための油圧が常にかかりっぱなしになり、それがパワーロスにつながるため、速さをスポイルしてしまうからだ。パドルシフトを使うとサーキットを速く走れる?画像はこちら

 とくにスポーツモードのある自動制御式MT”DCT”の場合では、パドルシフトを使わない方が速く走れる。制動時のエンジンブレーキはやや弱いと思うかもしれないが、減速はフットブレーキでしっかりと速度を落とせばいいだけだし、加速のシフトアップはAT任せで間違いない。このような優秀なATとスキルの高いドライバーの組み合わせなら、シフトはAT任せにした方がいいタイムが出るケースが多いのだ。パドルシフトを使うとサーキットを速く走れる?画像はこちら

画像ギャラリー