左右で異なる個性を与えた新型ホンダ・フィット! 無限が提案する『Dash』と『Skip』の魅力【大阪オートメッセ2020】

左右で異なる個性を与えた新型ホンダ・フィット!  無限が提案する『Dash』と『Skip』の魅力【大阪オートメッセ2020】

ライフスタイルに合わせられる択一的カスタム

 2月14日(金)~16日(日)に開催中の大阪オートメッセ(大阪市インテックス大阪)で披露された、ホンダのワークスチューンブランド「無限」がプロデュースする新型フィット。1台の車両を左右で『Dash』と『Skip』と、異なるコンセプトでカスタマイズしている。「アナタの好みやライフスタイルに合うモデルはどちら?」という展示だ。

 

スポーティな「Dash」かアクティブな「Skip」か

 2月13日から発売がスタートした新型フィットを、ホンダのレース活動を支える無限が速攻でカスタムを施してアピールしてきた。しかもワンメイクレースも行なわれるフィットのスポーツ性を前面に出し、走りを研ぎ澄ますイメージの『Dash』と、日常を弾むようなアクティブさで楽しみ、カスタムでさらに個性を出す『Skip』の2パターンを設定。1台を左右に分けてそれぞれのパーツを装着するという、ユニークな展示の手法でも注目を集めている。両者の違いはエアロおよび機能パーツで、まずは車体右側の『Dash』から紹介していこう。無限が提案する『Dash』と『Skip』のホンダ・フィット

 フロントアンダースポイラーは開口部を大きくし、エンジンルームに効率よく風を送り込むデザインの『Dash』。張り出したサイドスポイラーとディフューザー形状を採用したリヤアンダースポイラーと組み合わせ、ボディをワイド&ローに見せることに成功している。無限が提案する『Dash』と『Skip』のホンダ・フィット

 いっぽう左半分の『Skip』はタウンユースを意識したシンプルさが特徴で、それでいながらノーマルとの違いは一目瞭然だ。無限が提案する『Dash』と『Skip』のホンダ・フィット

 他のパーツもコンセプトの違いが明確に出ており、例えば『Dash』はフロントグリルガーニッシュを始め、各部にスパルタンなイメージのカーボンを多用。無限が提案する『Dash』と『Skip』のホンダ・フィット

 さらにマフラーも純正からスポーツサイレンサーに変更、排気効率だけじゃなくルックスも向上させている。無限が提案する『Dash』と『Skip』のホンダ・フィット

 インテリアやサスペンション、ホイールやブレーキまわりは両モデルとも共通だ。ほとんどのパーツは価格も決まっており、現時点で参考出品なのはスポーツサスペンションとタイヤステッカーのみ。無限が提案する『Dash』と『Skip』のホンダ・フィット

 単品で購入するより割安になるセットメニューも充実しており、『Dash』の『スタイリングセット』はフロントアンダースポイラー/サイドスポイラー/リヤアンダースポイラーで、未塗装が15万4000円(単品の合計は16万5000円)。『Skip』の同じセットは未塗装が13万5000円(単品の合計は14万3000円)だ。無限が提案する『Dash』と『Skip』のホンダ・フィット

 加えてベンチレーテッドバイザー/スポーツマット/スポーツラゲッジマットを合わせた『スタンダードセット』や、ハイドロフィリックLEDミラー/ドアハンドルプロテクターなどで構成される『ユーティリティセット』、各種のデカールをまとめた『ボディデカールセット』も新たにラインナップされており、ユーザーの細かいリクエストにも対応してくれるのが嬉しい。無限が提案する『Dash』と『Skip』のホンダ・フィット

画像ギャラリー