軽トラの使い方の新提案! ダイハツがカスタムした「ハイゼットトラック&ハイゼットトラックジャンボ」【大阪オートメッセ2020】 (1/4ページ)

軽トラの使い方の新提案! ダイハツがカスタムした「ハイゼットトラック&ハイゼットトラックジャンボ」【大阪オートメッセ2020】

生活に寄り添い、人が集えるカスタムを提案

 2月14日から3日間、大阪市のインテックス大阪で開催されている西日本最大級のカー&カスタマイズカーの祭典「大阪オートメッセ2020」に、ダイハツは軽トラック「ハイゼット」と「ハイゼットジャンボ」のカスタマイズカーを出展した。それぞれ異なる仕様で仕上げられた3台の軽トラは、今まで見たことのないような仕様&装備が特徴。魅力的に大変身した軽トラを詳しく紹介しよう。

 ダイハツのブースで見たことのないスタイルの軽トラックは、「ハイゼットトラック DJバージョン」、「ハイゼットトラック PEAKSバージョン」、「ハイゼットトラック 初音ミク マルシェバージョン」と名付けられた3台。

 まず、”DJ”と”PEAKS”のバージョンがジャンボ、”マルシェ”がハイゼットをベースにカスタムしたもの。自動車メーカー自らがカスタムした軽トラックとはどんなものなのか? 今回のカスタムを手掛けたダイハツ工業デザイン部・先行開発スタジオの米山知良主任にお話しをうかがった。ダイハツのカスタマイズカー

「いま、世の中ではカスタム離れが進んでいます。その理由のひとつに、今のクルマは最初から何でも付いていたりして、クルマの完成度が昔に比べると非常に高くなっているからです。現在40代から50代の人たちは、クルマを買ったらホイールやオーディオ換えて…というのが流れで、カスタムする楽しみを知る世代。そんなクルマ好きの人が見て『プッ!』と笑ってくれるようなクルマを作りたかったのです」と言われてみると、確かに昔のクルマは、手を加えたくなる“スキ”があった。ダイハツのカスタマイズカー

「弊社は生活に寄り添うクルマを作っていますので、一番生活に身近なクルマ、地方でも活躍しているクルマ、ということでハイゼットとハイゼットジャンボを選びました。そして『色々なことに使えるんですよ』ということもお見せしたかったのです」

「コンセプトは、このクルマに人が集まるようなカスタム。DJバージョンは音楽を通じて人が集まってくる。ピークスバージョンはボルダリングで人が集まる、マルシェバージョンはマルシェ(市場)に人が集まるように、クルマに人が集まる。人が集えるカスタムというのが3台に共通するコンセプトなのです」と説明してくれた。

 ダイハツ工業デザイン部・先行開発スタジオ 米山知良主任「メーカーが作ったカスタムカーなので、クオリティの高さにも尽力しました。ぜひ実車をご覧になって、軽トラでもこんなことができるのか、ということを実感して頂けたら幸いです」。


画像ギャラリー