ジムニーシエラの「マリンブルー仕様」 オトナのレジャースタイルを提案する1台とは【大阪オートメッセ2020】

ジムニーシエラの「マリンブルー仕様」 オトナのレジャースタイルを提案する1台とは【大阪オートメッセ2020】

レジャーの使い勝手に寄り添うニクイ仕掛け

 2月14日(金)~16日(日)に開催中の「大阪オートメッセ2020」。スズキのブースでは『ジムニーシエラ・マリンスタイル』というコンセプトカーを展示。フィッシングに代表されるマリンレジャーを楽しみつつ、スタイリッシュな見た目と上質さにもこだわる1台を紹介したい。

 ジムニーよりも余裕のある1460ccのエンジンを与え、オン/オフを問わず高い走行性能に定評があるジムニーシエラ。アウトドアを楽しむユーザーを中心にオーダーが殺到する人気モデルをベースに、スズキがマリンレジャーをテーマにした『ジムニーシエラ・マリンスタイル』を発表した。

スズキがマリンレジャーの応援コンセプトモデル『ジムニーシエラ・マリンスタイル』を発表

 マリンレジャーといってもカテゴリーは多岐にわたるが、主なターゲットとしたのは「海釣り」を楽しむ層。エクステリアでもっとも目を引く、ルーフの左右に装着された円筒形のボックスは、釣竿をスマートに収納する外付けロッドホルダーとなっていた。

 通常は天井に釣竿をむき出しのまま装着するホルダーや、スペースに余裕があればラゲッジにそのまま入れることが多いが、ホルダーを外装の一部とすることで見た目のドレスアップ効果も高いといえるだろう。スズキがマリンレジャーの応援コンセプトモデル『ジムニーシエラ・マリンスタイル』を発表

 また、リヤゲートには容量がたっぷりのツールボックス、ステップには乗降をサポートするステップを備えるなど、実用性を高めつつワイルドでタフに見せる工夫もあり見逃せない。

スズキがマリンレジャーの応援コンセプトモデル『ジムニーシエラ・マリンスタイル』を発表

 さらにエクステリアでは、フロントバンパーの左右にある無骨な牽引フック、街灯のない道路も不安なく走れるLEDライトと、走破性や安全性に対するコダワリも多数だった。

スズキがマリンレジャーの応援コンセプトモデル『ジムニーシエラ・マリンスタイル』を発表

 そしてインテリアは、撥水素材を使ったシートカバーと、各部に用いられたウエットスーツの素材がポイント。マリンレジャーが前提とはいえ愛車をできる限りキレイに保てるうえ、これらの所有欲をくすぐる仕掛けは当然ながら完成度も高い。

浜辺の走破性も秀逸な足回り

 タイヤは悪路走破性の高さに定評がある「ヨコハマ・ジオランダーX-AT」の16インチをセット。サイズは純正が195/80-15なのに対し、235/70-16と大幅にワイド化されていた。

スズキがマリンレジャーの応援コンセプトモデル『ジムニーシエラ・マリンスタイル』を発表

 マリンレジャーにおける利便性、オフロードおよび一般道での走破性や安全性、乗り降りのしやすさに配慮した装備の数々。グロス仕上げしたオーバーフェンダーもよく似合う。

スズキがマリンレジャーの応援コンセプトモデル『ジムニーシエラ・マリンスタイル』を発表

 海釣りはもちろんダイビングや海辺でのデイキャンプなど、海にまつわるアクティビティにおいて、頼れる相棒でありつつ雰囲気を盛り上げるアイテムになってくれるはずだ。市販化はまったくの未定とのことだが、会場で実車を見て心を奪われた人も多くいるに違いない。

 


画像ギャラリー