関西発「軽トラック」の最新カスタム! “低くてスポーティ”が流行キーワード【大阪オートメッセ2020】 (1/2ページ)

関西発「軽トラック」の最新カスタム! “低くてスポーティ”が流行キーワード【大阪オートメッセ2020】

仕事から遊びまで“軽トラ”を楽しむナニワ文化

 クルマのカスタマイズが根付き、幅広いジャンルが存在する関西エリアの中でも、一際独自のカルチャーを生み出しているのが「軽トラック」のカスタムだ。「大阪オートメッセ2020(2月14日〜2月16日・インテックス大阪)」には、そんな関西ノリの「軽トラ」が一同に集結。注目のクルマを紹介しよう。

70〜80年代懐かしのロータスF1カラー

 70年代から80年代にかけて、F1に参戦していたロータス・ワークスチームのメインスポンサーが、イギリスのたばこブランド「JPS(ジョン・プレイヤー・スペシャル)」だった。そんな往年のカラーリングを施したのが、関西を拠点とするカスタムパーツメーカー「K-BREAK(ケーブレイク)が製作した「ダイハツ・ハイゼット ジャンボ」と「スズキ・スーパーキャリイ」だ。関西の激アツ「軽トラック」カスタムは“低く、スポーティ”がキーワード【大阪オートメッセ2020】
 50歳代以上のクルマ好きが「懐かしい」と叫んでしまうような遊び心満点の2台。ブラックのボディカラーに、カッティングシートを駆使したゴールドのロゴがうまくマッチし、当時活躍したレーシングマシンのような雰囲気を醸し出す。関西の激アツ「軽トラック」カスタムは“低く、スポーティ”がキーワード【大阪オートメッセ2020】
 外装には、K-BREAKオリジナル「BABY GANG」ブランドのエアロパーツを装着。フロントはリップスポイラーやアイライン、ボディサイドにはオーバーフェンダーやサイドパネル、リアにはテールカバーやロールバー、荷台ゲートやルーフ後部にウイングでカスタマイズ。足回りはオリジナルの「短足」車高調をセットし、ローダウンさせた。関西の激アツ「軽トラック」カスタムは“低く、スポーティ”がキーワード【大阪オートメッセ2020】
 製作したK-BREAKの大林代表によると、「最近(軽トラック・カスタム好きユーザーの間で)、昔のレーシングカーのカラーを愛車に取り入れることが流行り始めている」という。特に、”JSP”や”elf(フランスのオイルブランド)”のカラーやロゴは、40歳代後半から50歳代のクルマ好きにとって、若き日にレースやクルマに興味を持ち始めるきっかけとなった絶好のアイコン。そこで、軽トラックを楽しむ新たな提案として、当時のF1マシンのカラーリングをイメージしつつ製作したのがこれら2台なのだ。関西の激アツ「軽トラック」カスタムは“低く、スポーティ”がキーワード【大阪オートメッセ2020】
 軽トラックのジャンルでカスタムベース車両として大きな人気を得るハイゼット ジャンボとスーパーキャリイの2台を同仕様で展示することで、「自分が乗っているクルマでもできそうだ」といった、ユーザーにより身近な感じを出すことも考慮。かくいう50歳半ばの筆者も、当時を知る「ど真ん中」世代。懐かしさと楽しさを存分に味わえた2台だった。関西の激アツ「軽トラック」カスタムは“低く、スポーティ”がキーワード【大阪オートメッセ2020】

画像ギャラリー