自分好みに作り上げる「ハイエース」の最新インテリアカスタマイズ3選【大阪オートメッセ2020】

自分好みに作り上げる「ハイエース」の最新インテリアカスタマイズ3選【大阪オートメッセ2020】

個性派メイクからアクティブ仕様まで

 車内の広いトヨタ・ハイエースはインテリアのカスタマイズが積極的に行なわれており、さまざまなパーツを駆使して自分好みのインテリアメイクを楽しむことが可能。ショップやメーカーのデモカーとなれば、驚くべきインテリア空間が演出されていた。「大阪オートメッセ2020」では、そんなショップ&メーカーのハイエース・デモカーが数多く展示されているので、早速見ていこう。

 

畳や障子で“和”の世界観を表現

大阪オートメッセ2020での自分好みに作り上げる「ハイエース」のインテリアカスタマイズ 大阪に店舗を構える「MDNマドンナ」が展示している『侍』と名付けられたデモカーは、“和の世界観”を表現。インテリアを覗いてみると、ラゲッジに準備されたベッドキットには、畳風レザーを採用した赤色のベッドマットを装備していた。また、ウインドウに取り付けられた本物の障子も注目のポイント。見事な“和の世界”が表現されているのだ。 大阪オートメッセ2020での自分好みに作り上げる「ハイエース」のインテリアカスタマイズ

 上写真のように畳のデザインが施されたベッドマットはレザーを採用。畳縁もレザーを使用しており、それっぽく見せている。ウインドウにある障子の窓枠に使用されているのはヒノキと、じつに美しい仕上がりをしていた。

 

 

乗員に“おもてなし”を提供する1台

 大阪オートメッセ2020での自分好みに作り上げる「ハイエース」のインテリアカスタマイズ 同じく大阪の「レガンス」が展示しているのは、トヨタからビジネス送迎車としてリリースされている「ファインテックツアラー」をベースとした1台。10人乗りのコンプリートカーは、すべての座席でラグジュアリーな雰囲気を楽しむことができる仕様だ。大阪オートメッセ2020での自分好みに作り上げる「ハイエース」のインテリアカスタマイズ

 ワッフルデザインのシートカバーやフロアマットも高級感満点で、天井に装着されたスポットライトもかなりムーディ。ドアが開いた瞬間に笑顔になること間違いなしだ。なお、コンプリートカーの価格は442.5万円(ロングミドル/ガソリン車・2WD)とのこと。

 

大容量収納を可能とした“ジャスト”仕様

大阪オートメッセ2020での自分好みに作り上げる「ハイエース」のインテリアカスタマイズ 仕事にもプライベートにも使えるパートナーとして、滋賀県にある「カーハウスゼロ」が製作した「JUST ZERO」。広大なラゲッジには、一面にフラットなフロアを設置。その下には、2mを越える長尺モノを収納できる床下収納を用意したのが特徴だ。子供や趣味の道具はもちろん、仕事道具も収納可能。その床下収納には同時にシンクを標準装備するため、汚れた道具もサッと水洗いできる。すなわち、流行のアウトドアライフもカバーできるのだ。大阪オートメッセ2020での自分好みに作り上げる「ハイエース」のインテリアカスタマイズ

 また、フラットになったフロアにはマットを敷くことで車中泊もOK。写真のようにルーフテントを装備すれば、さらに快適なアウトドアライフが楽しめるだろう。コンプリートカーの価格は360.8万円(標準ボディ/ガソリン車・2WD)で、乗車定員は2(5)人とのこと。大阪オートメッセ2020での自分好みに作り上げる「ハイエース」のインテリアカスタマイズ

 

 大阪オートメッセ2020では、個性的な内装カスタム車やアクティブに使える新車コンプリートカーなど、”人とは違ったハイエース”を多数展示。自分好みな1台をきっと見つけられるはずだ。


画像ギャラリー