家族4人キャンプ&アクティブ派は「2列ミニバン」がキーワード! 編集部のオススメは? (1/2ページ)

家族4人キャンプ&アクティブ派は「2列ミニバン」がキーワード! 編集部のオススメは?

大きなクルマが苦手な人にもオススメ

 いま、オートキャンプのブームがジワジワと熱を帯びている。「ジャパンキャンピングカーショー2020」の会場内には、超高級なフルコンバージョンから日常使いもできる軽キャンパーまで展示され、多くの来場者でにぎわった。

 一般的にオートキャンプ用のクルマを日常使いと兼用する場合は、本格的なキャンパーは使いづらいのも事実。そこで紹介したいのが、ミニバンなどを自動車メーカーが改造したコンプリートモデルだ。当然、ベース車両はファミリーミニバンだったりするから、日常の使い勝手になんら不便、不足はないはずだ。

人気ミニバンをアウトドアに使える2列仕様へ

 その一例が、トヨタのミディアムサイズミニバンをベースとしたコンプリートカー「MULTI UTILITY」(マルチユーティリティ)。具体的にはノア、ヴォクシー、エスクァイアをベースに、2列/5人乗り仕様としたもの。

【関連記事】1560万円で憧れのキャンパーライフ! 米国で大人気の「ソリスポケット36A」は日本の道路状況にもぴったりでした

家族4人キャンプでのオススメ車種画像はこちら

 専用架装装備としては、ラゲッジスペースのフロアを水や汚れに強く、手入れが簡単なオーク木目調の「MU専用フロア」を採用。他には、収納力を活かした「床下収納」や、着替えや車中泊時でのランタン活用などに役立つ「ハンガーフック」、便利な小物入れ付き「クォータートリムカバー」など、日常使いだけでなくアウトドアユースに役立つ機能を装備した。家族4人キャンプでのオススメ車種画像はこちら

 また、MU専用販売店の装着オプションとして、車中泊時のベッド、ラゲッジスペースの仕切り棚、車外ではテーブル&ベンチセットとして使用できる「マルチユースボード」を用意。さらに、オーク木目調のフロアと合わせたブラウン/ベージュの配色でぬくもりのあるインテリア空間を演出する「MU専用シートカバー」を設定しており、アウトドアやオートキャンプなど、幅広い車両の使い方を実現するラインナップとしている。家族4人キャンプでのオススメ車種画像はこちら

 なお、ベッドスペース(荷室長)は長さ1200~1780mm、幅最小980mm、天井高1230mmを十分の広さ。オプションの「エアスリープマット」をセットすれば、さらに快適なベッドスペースが出現する(長さ1950mm、幅610mm)。エアバルブを開くだけで自然に膨らむので、セットも簡単だ。家族4人キャンプでのオススメ車種画像はこちら

 そして、先述の「マルチユースボード」を利用すれば、フラットなベッドスペースを作り出せるほか、車外に出せばキャンプ時のテーブルにも変身可能。コンパクトに畳むこともできる。