家族4人キャンプ&アクティブ派は「2列ミニバン」がキーワード! 編集部のオススメは?

家族4人キャンプ&アクティブ派は「2列ミニバン」がキーワード! 編集部のオススメは?

大きなクルマが苦手な人にもオススメ

 いま、オートキャンプのブームがジワジワと熱を帯びている。「ジャパンキャンピングカーショー2020」の会場内には、超高級なフルコンバージョンから日常使いもできる軽キャンパーまで展示され、多くの来場者でにぎわった。

 一般的にオートキャンプ用のクルマを日常使いと兼用する場合は、本格的なキャンパーは使いづらいのも事実。そこで紹介したいのが、ミニバンなどを自動車メーカーが改造したコンプリートモデルだ。当然、ベース車両はファミリーミニバンだったりするから、日常の使い勝手になんら不便、不足はないはずだ。

人気ミニバンをアウトドアに使える2列仕様へ

 その一例が、トヨタのミディアムサイズミニバンをベースとしたコンプリートカー「MULTI UTILITY」(マルチユーティリティ)。具体的にはノア、ヴォクシー、エスクァイアをベースに、2列/5人乗り仕様としたもの。家族4人キャンプでのオススメ車種

 専用架装装備としては、ラゲッジスペースのフロアを水や汚れに強く、手入れが簡単なオーク木目調の「MU専用フロア」を採用。他には、収納力を活かした「床下収納」や、着替えや車中泊時でのランタン活用などに役立つ「ハンガーフック」、便利な小物入れ付き「クォータートリムカバー」など、日常使いだけでなくアウトドアユースに役立つ機能を装備した。家族4人キャンプでのオススメ車種

 また、MU専用販売店の装着オプションとして、車中泊時のベッド、ラゲッジスペースの仕切り棚、車外ではテーブル&ベンチセットとして使用できる「マルチユースボード」を用意。さらに、オーク木目調のフロアと合わせたブラウン/ベージュの配色でぬくもりのあるインテリア空間を演出する「MU専用シートカバー」を設定しており、アウトドアやオートキャンプなど、幅広い車両の使い方を実現するラインナップとしている。家族4人キャンプでのオススメ車種

 なお、ベッドスペース(荷室長)は長さ1200~1780mm、幅最小980mm、天井高1230mmを十分の広さ。オプションの「エアスリープマット」をセットすれば、さらに快適なベッドスペースが出現する(長さ1950mm、幅610mm)。エアバルブを開くだけで自然に膨らむので、セットも簡単だ。家族4人キャンプでのオススメ車種

 そして、先述の「マルチユースボード」を利用すれば、フラットなベッドスペースを作り出せるほか、車外に出せばキャンプ時のテーブルにも変身可能。コンパクトに畳むこともできる。

日産も追従!セレナに新感覚な2列仕様

「セレナ・オーテックマルチベッドコンセプト」は、カタログモデルとなっている「セレナ・オーテック」をベースに、車中泊ができるベッドシステムを備えたモデル。東京オートサロンに展示されたコンセプトカーは、めでたく2月10日に発売となった。家族4人キャンプでのオススメ車種

 4分割のベッドパネルをタイヤハウス上の部分に並べることで、お座敷のようなベッドスペースが出現。パネルは汚れにも強く、ペットの毛もからみにくい素材なので、愛犬家のアウトドア、オートキャンプライフにもびったり。

 注目は、ベッドスペースの下が大容量のラゲッジスペースになっていること。荷物は下部分、リビング&ベッドスペースはその上という効率的な車内空間を確保しているので扱いやすい。家族4人キャンプでのオススメ車種

 トヨタのMULTI UTILITYとともに、4人乗車可能な1~2列目シートをはじめ、運転感覚もベース車とまったく同じ。普段はファミリーミニバンとして、休日はアウトドア&オートキャンプのためのクルマとして、マルチに使いこなせるというわけだ。

小さくても力持ち! ママも安心なコンパクトな2台

 さらにコンパクトなクルマにも、アウトドア&オートキャンプにうってつけのモデルがある。1台がトヨタの「シエンタ FUNBASE」。5ナンバーサイズの両側スライドドアを備えたコンパクトミニバン、シエンタの3列目席を取り払い、大容量かつアウトドアなどで使いやすい仕掛けを満載しているのだ。家族4人キャンプでのオススメ車種

 例えば、2列目チルトダウン格納によるフラットモード時には、最大荷室長(ベッド長)は2mオーバー。純正アクセサリーのラゲッジテーブル、室内カーテン、携帯トイレなどによって、本格的なアウトドア、車中泊仕様にアレンジできるスグレモノだ。家族4人キャンプでのオススメ車種

 しかも、ハイブリッドの”Gグレード”ならば、AC100V/1500Wコンセントをオプションで装着可能。車内外で1500Wまでのコーヒーメーカー、照明などの家電品を使うこともできるから超便利である。

 もう1台、コンパクトなキャンプ系ミニバンとしてオススメが、ホンダの「フリード+(プラス)」。いまならアウトドアテイストの強い「クロスター」グレードもある。家族4人キャンプでのオススメ車種

 フリード+はラゲッジフロアの低さも特徴的で、フロアボード下段の地上高はなんと335mm。地上730mmの高さにあるフロアボード上段と、格納した後席でフラットスペース(リビング&ベッドスペース)を組み合わせると、奥行は最大1980mmに達する。フロアボード上段でも天井高は1m近くもあるので、座った姿勢でもくつろぐことができるのだ。家族4人キャンプでのオススメ車種

 ただし、フリード+は純正アクセサリーのアウトドア&車中泊用品が充実しているのに対し、ハイブリッド車でさえAC100V/1500Wコンセントは用意されない。そこが両車の大きな違いでもある。

 もちろん、シエンタFUNBASE、フリード+ともに5ナンバーサイズのミニバンゆえ、日常使いのしやすさは抜群。大きなクルマが苦手な人にも薦められる、価格的にも買いやすいアウトドア&オートキャンプ向きの2台といえるだろう。


画像ギャラリー