愛犬との旅行に最適な輸入車の条件とは? ワンコとの実証テストと数値で徹底分析 (1/2ページ)

愛犬との旅行に最適な輸入車の条件とは? ワンコとの実証テストと数値で徹底分析

後席の空調環境はワンコにとって重要ポイント

 ワンコとの旅行に最適な国産車10選に続き、今回はワンコとの旅行に最適な輸入車をお届けしよう。筆者はモータージャーナリストにして、ドッグライフプロデューサーとしての活動も行っている。以前、交通タイムス社CARトップ誌の長期連載”CT DOG”の集大成として、「愛犬と乗るクルマ」というムック本をリリース。そのほかにも多くのペット関連の媒体で仕事をしている。毎月のように愛犬のラブラドールレトリーバーとジャックラッセルを連れ、国産・輸入車で愛犬同伴のドライブを楽しんでいる(仕事ですが)。そのような経験から、愛犬とドライブするのにふさわしい輸入車を紹介したい。

【ボルボV60】

 トップバッターは北欧、のスウェーデンのボルボV60だ。ボルボカーズジャパンの要請で、車幅をできる限り日本の交通環境に合わせて登場したエステート=ステーションワゴンだが、世界最高峰の先進安全装備の搭載に加え、極めてドッグフレンドリーなクルマであることを、愛犬を連れた軽井沢、伊豆など、1000キロ以上のドライブで確認している。実際、友人の愛犬家にも薦めているぐらいなのである。わんことの旅行に最適な輸入車

 では、どこがドッグフレンドリーかと言えば、後席、ラゲッジを問わず犬の乗り下りのしやすさだ。ゆったりとしたスペースの後席の地上高は約520mmと、極めて低い。大型犬はもちろん、小型犬でも乗り降りしやすい高さだ。また、ステーションワゴンとして本格的な機能を備えたラゲッジルームの開口部地上高も約640mmと、世界のステーションワゴンの平均値約620mmよりはやや高いものの、元気な大型犬なら余裕で飛び乗れる高さ。わんことの旅行に最適な輸入車

 しかも、V60最大のドッグフレンドリーポイントは、犬の乗せ場所のひとつとなる後席の空調環境だ。何しろボルボのこのクラス以上には、センターコンソール後端のエアコン吹き出し口(温度、風量調整可能)のほか、左右Bピラーにもエアコン吹き出しがあり、暑さに弱い犬にとって、最高の空調環境が確保されているのだ。わんことの旅行に最適な輸入車

 ラゲッジルームも凝っている。後席使用時のフロアは幅約1020mm、奥行1010mm、後席格納時フロア長1670mm(ほぼフラットフロアに)、最小天井高660mmと、大型犬の乗車に十分なだけでなく、万一、ラゲッジスペースに犬と荷物を同居させなければならないシーンでも(できれば避けたいが)、立ち上がるパーテーションによって前後が仕切れるのである。わんことの旅行に最適な輸入車

 その際の奥行は手前500mm、奥540mm。わが家のジャックラッセルなら十分すぎるスペースだ。そのほかにも、飼い主の愛犬との長距離ドライブの肉体的疲労を軽減してくれる前席マッサージ機能なども、実際に愛犬と軽井沢や伊豆を往復してみて、褒められる点だと実感している。わんことの旅行に最適な輸入車

【ボルボV60クロスカントリー】

 が、その上をいく究極のドッグフレンドリーカーとして挙げられるのが、V60のクロスオーバーモデルのV60クロスカントリーだ。後席やラゲッジルームの地上高は40mmほど高くなってしまうものの、最低地上高に余裕、4WDによって、悪路や雪道により強いオールラウンダーとなるからだ。わんことの旅行に最適な輸入車

 ではなぜ、オールラウンダーが究極のドッグフレンドリーカーになりうるのか。それは犬の寿命とも関係がある。犬の寿命は10年から15年。その短い犬生の間に、いかに多くの飼い主との楽しい思い出を作ってあげられるかが、飼い主の使命と言えるのではないか。わんことの旅行に最適な輸入車

 一般的な家庭では、愛犬とドライブ旅行に出掛けられる機会は、そうは多くない。せっかく予定した愛犬とのドライブ旅行が、悪天候だから、雪だから中止……では、家族も愛犬もがっかり。犬生の間で希少な、楽しいはずの思い出づくりの機会をつぶしてしまうのだ。

 が、ボルボV60クロスカントリーのような、本格SUVよりも犬が乗車しやすく(後席、ラゲッジフロアが低いから)、しかも走破性に優れ、V60同様に後席の空調環境に優れたクルマなど、ほかにそうあるものではないのである。V60クロスカントリーは、わが家の理想のドッグフレンドリーカーだ。わんことの旅行に最適な輸入車

 そうそう、ボルボ純正の世界最高峰の愛犬対応機能・快適性を備えた、後席用のドッグベッド(大型犬用フルサイズと中小型犬用のハーフサイズ)が、2020年中半には発売される予定である。そのほかにも愛犬用アクセサリーが豊富に揃っていて、それもまた、ボルボがいかに愛犬家の期待に応えてくれるクルマであるかの証明ともいえるだろう。


画像ギャラリー