細部に施されたデザインがプレミアム感を醸し出す!RMPホイール新作3モデルが登場

細部に施されたデザインがプレミアム感を醸し出す!RMPホイール新作3モデルが登場

ホイールデザインにも「神は細部に宿る」

 ホイールメーカー「マルカサービス」が展開する“MID(マルカ・インテリジェント・デザイン)”。ジャパンクオリティならではの開発・設計・品質管理を徹底し、デザインにまで安全・安心を最優先にしている。さらに、お手頃な価格設定を実現する製品ラインアップは、誰にでもエントリーしやすいドレスアップホイールとして、注目のメーカーだ。「RMP」ブランドからは、2020年モデルとして「720F」、「520F」、「028F」の3モデルが登場したので紹介しよう。細部に施されたデザインがプレミアム感を醸し出す!RMPホイール新作3モデルが登場 まずRMPとは、“リマスターピース”というネーミングから生まれたプレミアムブランド。コンセプトは、かつてのスタンダードなデザインを現代風に新しく“再デザイン”するというもので、イマドキなテイストを追加、オマージュしている。それゆえ、見た瞬間、なぜか安心感があり、しっくりとくるテイストでありながらも、イマドキな旬なテイストが盛り込まれているから、ドレスアップホイールとして誰もが安心して愛車に履かせられる。古典に回帰しながらも現代にヒットするのは、まさにファッションシーンと同じだろう。

【720F】
大径感とリムを際立たせた新デザインを採用細部に施されたデザインがプレミアム感を醸し出す!RMPホイール新作3モデルが登場

 レクサスNXやRXなどのプレミアムなコンパクトSUV、そしてLサイズミニバンへの装着をオススメしたいのが「720F」。ベースとなるのはクラシックなX型メッシュで、それを2×7でレイアウトに再構成。メッシュのキモとも言える交点部分をセンターへと寄せることでスポーク自体が長く見え古典的なクラシック感を払拭しているのもポイントだろう。

細部に施されたデザインがプレミアム感を醸し出す!RMPホイール新作3モデルが登場

 さらにディテールとして、クラシックメッシュデザインのアイコンとも言える「X交点ポケット」をメッシュデザイン風にアレンジ、イメージは間延び感のないメッシュデザインながら、しっかりと強度を持たせた安心の仕様に仕上がっている。細部に施されたデザインがプレミアム感を醸し出す!RMPホイール新作3モデルが登場

 Y字とY字のスポークの間には台形的なスペースを用意。しかも、そのサイドにリブを設けることでこれまた古臭くないデザインへと昇華しつつ、入力が溜まりやすいスポークのラインが屈曲する部分にクラックが入らないような強度をプラスしている。細部に施されたデザインがプレミアム感を醸し出す!RMPホイール新作3モデルが登場

 そしてこの720F最大の狙い、それは「リム付き」にこだわったこと。最近はスポークをリムエンドまで伸ばすリムオーバーデザインのホイールも数多いが、今回は敢えてリムを主役に。リムの存在感を際立たせた王道的メッシュデザインの良さも光る。細部に施されたデザインがプレミアム感を醸し出す!RMPホイール新作3モデルが登場

■カラーバリエーション:ハイパーメタルコート/ポリッシュ、セミグロスガンメタ/リムポリッシュ

■サイズ:18×7J20×8.5J
■価格:435006万円(税別)

【520F】
スポークに刻むレイヤーが美しさと強度を両立
細部に施されたデザインがプレミアム感を醸し出す!RMPホイール新作3モデルが登場

「520F」は王道の星型5スポークデザイン。ホイール真正面から見ると何層にも重なって見えるスポークを採用する。ところが、よくよく注意深く見ると、天面のスポークはほぼ並行するスポークなのに対し、スポーク断面を寝かせ、リムに近づくほどにテーパー上に細くなっていく。立壁に光を与えることで、シャープな表情をデザインしながらも何層にもレイヤーを重ねることで強度を獲得、全体的な立体感も手伝ってプレミアムセダンにもピッタリな造形美へと繋がっていくというわけだ。細部に施されたデザインがプレミアム感を醸し出す!RMPホイール新作3モデルが登場

 前述した720F同様に、この520Fもそのコンセプトの隠れた主役は実は「リム」。リムオーバーデザインでは足長感は強調されるものの、やはりリムの深み、3D感は重要。トヨタ・クラウンや日産スカイラインなどのドッシリとしたセダン、マツダCX-8のようなスポーティSUVにドンピシャにハマるのはそこがポイントだ。

細部に施されたデザインがプレミアム感を醸し出す!RMPホイール新作3モデルが登場

 スポークサイドに設けられたエラのようなリブはコンケーブ感を与え、スポーク側面の壁部分に変化をもたらし、走行時に光を受けた際には立体的な印象も与えてくれる。細部に施されたデザインがプレミアム感を醸し出す!RMPホイール新作3モデルが登場

 細部のこだわりということなら、センターキャップは文字が立体的に浮き出た3D形状で、誇らしげに入るアルミ製RMPロゴはプレミアムの証とも言えるものだ。細部に施されたデザインがプレミアム感を醸し出す!RMPホイール新作3モデルが登場

■カラーバリエーション:ハイパーメタルコート/ポリッシュ、セミグロスブラック/リムポリッシュ

■サイズ:17×7J20×8.5J
■価格:390006万円(税別)

【028F】
リムエッジにダイヤモンドカットを施し新色を採用
細部に施されたデザインがプレミアム感を醸し出す!RMPホイール新作3モデルが登場

 最後に紹介したいのが2019年にデビューした「028F」。こちらもオーソドックスなメッシュデザインを採用しているが、実は2020年モデルに相応しく従来仕様からブラッシュアップが行われた。細部に施されたデザインがプレミアム感を醸し出す!RMPホイール新作3モデルが登場

 そのメインとなったのがカラーリング。時代に合わせた色展開を新たに取り入れている。ホイール全体に少しツヤを抑えたマットなセミグロスガンメタリックを採用。加えてホイール外周部にダイヤモンドカット処理を施し大口径感を底上げしている。まさにイマドキなスポーツ系セダンにピッタリと合う新たなカラーリングを手に入れている。細部に施されたデザインがプレミアム感を醸し出す!RMPホイール新作3モデルが登場■カラーバリエーション:セミグロス
■サイズ:18X7J21X9J
■価格:4350072000円(税別)

 このように、一見オーソドックスなデザインの中にもより今風で立体的なデザインへの飽くなき追求。プレミアムな車両の足元を飾るに相応しい、今風なギミックを様々な角度から与えられている。言われなければ気がつかないようなディテールだが、「神は細部に宿る」という言葉にもあるように、細かい部分にも妥協を許さずひと手間を掛けることが質感を高めるという好例だ。細部に施されたデザインがプレミアム感を醸し出す!RMPホイール新作3モデルが登場

 また、重要保安部品であるホイールに求められる強度・剛性に対する責任感が、デザイン性と融合しつつそこかしこに注入されていることがMIDホイールの真骨頂といえるだろう。

サイズ・価格など詳細
MID WHEEL Home Page  http://www.mid-wheels.com

画像ギャラリー