なぜか閉鎖的で素人には怖い! そんな場所の代表格「サーキット」の中身とは (1/2ページ)

なぜか閉鎖的で素人には怖い! そんな場所の代表格「サーキット」の中身とは

誰もがワクワクしてしまう場所になっている

 以前よりだいぶ身近な存在になったサーキットだが、ビギナーにとって異世界であることに変わりはない。愛車を思い切り走らせるだけではなく、友達の応援やレース観戦でも楽しめる場所。クルマ好きにとっての理想郷であるサーキットの代表的な設備を、宮城県のスポーツランドSUGOを例に解説したい。

コントロールタワー

 サーキットの中枢部ともいえる施設。主催するイベントの受け付けやスポーツ走行の申し込み、タイム計測器の貸し出しやリザルトの配布などが行われる。また上階にはコースを監視するモニターが設置された『管制室』があり、事故やトラブルがあれば即座にレスキューへ伝達し対処。

【関連記事】「速い=偉い」ではない! マイペースでサーキットを楽しむメリットとは

走っても観戦でも楽しめるサーキットってどんな場所?画像はこちら

 SUGOはメインポストの電光掲示板に表示する、季節や天候に絡めた独自のメッセージも名物のひとつなのだ。それらの制御もコントロールタワーでおこなう。走っても観戦でも楽しめるサーキットってどんな場所?画像はこちら

ブリーフィングルーム

 レースやイベントで走行前の説明が行なわれる部屋。出欠を確認する場合が多く、不参加は走行が認められないこともあるので注意。走っても観戦でも楽しめるサーキットってどんな場所?画像はこちら

ピット&ピットロード

 ピットは走行するクルマを入れ、カンタンな作業なども行なうスペース。タイムを表示するモニターやエアーは、公式レースが開催されるサーキットなら確実にあるはず。コースとの間にあるピットロードは人が横断することもあるので、くれぐれも安全な速度で走るようにしたい。イベントによってはピットではなく、パドックが待機場所になることもある。走っても観戦でも楽しめるサーキットってどんな場所?画像はこちら

飲食関係

 レストランや食堂が併設されているサーキットは多い。SUGOは窓側の席だとコースを眺めることができ、仙台名物の牛タンを使ったカレーが人気メニュー。自動販売機も何カ所かに設置しており、飲食で困ることはないだろう。ただし平日はレストランが休みのサーキットもあるので、事前に確認しておくべし。走っても観戦でも楽しめるサーキットってどんな場所?画像はこちら

医務室

 できればお世話になりたくはないけど、事故でケガする可能性はゼロじゃないし、観客が熱中症や体調不良になることもある。ココで応急処置し重度と判断されれば、救急車やヘリコプターで近隣の病院へ搬送。命を守るためあらゆる努力を惜しまないのがサーキットだ。走っても観戦でも楽しめるサーキットってどんな場所?画像はこちら

ファミリー用の施設

 昔はコースを走る人こそ満足できても、同伴者からの不満も多く聞かれたサーキット。しかし近年では家族と一緒に楽しむ場所に変化している。SUGOでは『SP広場』と呼ばれるレースの観戦にも最適なポイントに、遊具や屋根つきのウッドデッキを設置。秋になると宮城の風物詩である『芋煮会』プランが大人気で、レースと関係なく訪れる人も多い。走っても観戦でも楽しめるサーキットってどんな場所?画像はこちら

画像ギャラリー