超絶人気の「軽ハイト系ワゴン」! なのに苦戦するダイハツ2車種の「問題点」とは (1/2ページ)

noteで書く
超絶人気の「軽ハイト系ワゴン」! なのに苦戦するダイハツ2車種の「問題点」とは

超人気ジャンルなのになぜ売れない?

 原稿執筆時の直近データによると、国内の新車販売台数年間トップ3の車種は1位がホンダN-BOX、2位にダイハツ・タント、3位はスズキ・スペーシアとなっている。この3車種からわかるように、ボディ全高が高い「ハイトワゴン」と呼ばれる軽自動車が大人気だが、同じカテゴリーに属しながら販売の低迷する車種もある。

 それらは何がマイナス要因となっているのだろうか? 「軽ハイトワゴン」という売れ筋カテゴリーでありながら、イマイチ人気の芳しくない車種について考えてみたい。

国内販売台数のトップ3を「軽ハイトワゴン」が独占

 先述のとおり2019年度(2019年4月から2020年3月)における国内販売ランキングのトップ3車種は、1位:ホンダN-BOX、2位:ダイハツタント、3位:スズキスペーシアであった。この3車に共通するのは、全高が1700mmを上まわる背の高いスライドドアを備える軽自動車であること。同じカテゴリーのライバル同士が、国内販売のトップ3を独占したわけである。

 そして2019年度の販売統計を見ると、新車として売られたクルマの37%が軽自動車だ。軽乗用車の内訳は、N-BOXやタントなど全高1700mm以上の車種が50%、ワゴンRやムーヴのような全高1600~1700mmの車種が35%になる。従って軽乗用車の85%が背の高い車種であった。

noteで書く

画像ギャラリー