フィルムの透過率がOKなのに車検NGも! ドラレコ対策も必要なイマドキ「ウインドウフィルム」事情

フィルムの透過率がOKなのに車検NGも! ドラレコ対策も必要なイマドキ「ウインドウフィルム」事情

快適性だけでなく防犯性やドレスアップ効果もアリ

 これから夏に向けてどんどん日差しが厳しくなり、車内の温度も上昇傾向。エアコンでガンガン冷やしても、容赦ない直射日光がジリジリと車内を襲ってくる。

 今どきのクルマは紫外線カットや熱線カットガラスを採用している車種がほとんどなので、いくぶんマシにはなっているのだが…。もっと強力に日差しを遮りたいと思っているユーザーや、もともとクリアガラスの車両だったりスモークフィルムが劣化してきている低年式車両のオーナーもいると思う。

 そんな時こそウインドウフィルムの施工・貼り直しを検討してみてはどうだろう。施工に関する注意点や最新事情について見ていきたい。ウインドウフィルム施工の注意点と最新事情

フロントまわりは透過率70%以上必要

 まずは大事な保安基準のことから改めて確認しておこう。フロントガラスから運転席・助手席側面までのガラスについては視認性確保の面から規制が厳しく、フィルムを施工した状態で透過率が70%以上ないと車検は通らない。 ウインドウフィルム施工の注意点と最新事情

 一方でそれ以外の窓については、保安基準の制限がない。つまり後席側面やリアゲートの窓は、事実上視界ゼロでも違反にはならないということだ。ウインドウフィルム施工の注意点と最新事情

 濃いフィルムを貼れば日差しも強力にカットでき、エアコンの効きも向上。プライバシーも守れてルックスは引き締まり、一石二鳥に感じられる。防犯の観点では、配送のワゴン車や現金輸送車の後席ウインドウが塗りつぶされているのはもっともな対策といえるだろう。ウインドウフィルム施工の注意点と最新事情

 ここで注意してもらいたいのが、スモークを濃くするデメリットだ。当然ながら視界は暗くなるので視認性は落ち、安全運転に悪影響を及ぼす可能性が出てくる。夜間走行ともなると危険度が増すので、不安な人は濃いスモークフィルムは敬遠したほうが無難だ。

 ドライブレコーダーの後方カメラを車内に設置している人も、画質に影響するので事前の確認は必要。夜間録画性能の高いカメラなら濃いスモークフィルムでも問題ない可能性はあるが、鮮明な録画ができなくなってはドラレコの意味がなくなってしまう。ウインドウフィルム施工の注意点と最新事情

 これを改善するには、カメラを車外に設置するのが最善策。リアカメラの取り付けを予定しているユーザーはそのようなタイプを選ぶことで、後方視界を含めて主要な問題はクリアできそうだ。ウインドウフィルム施工の注意点と最新事情

作業に自信がある人以外はプロに任せよう

 基本的にウインドウフィルムの施工は、多くの人がカー用品店や専門店に依頼すると思うが、ネット通販でDIYユーザー向けに車種別にカットされたフィルムが売られていたりする。

 ただし施工は慣れた人でないと失敗して貼る位置がズレたり、作業中にフィルムを破いてしまったりすることがある。自信のない人はプロに任せるのがベストだろう。ウインドウフィルム施工の注意点と最新事情

ドレスアップユーザーに人気の虹色系フィルム

 最近ドレスアップシーンで多く目にするのが、フロントウインドウに貼られた虹色系のフィルム。光の屈折を利用して車内を見えにくくしてくれるのでプライバシー保護の面からも人気を博し、後部だけでなくフロントから運転席・助手席の窓ガラスへも前述した透過率70%という規制値をクリアしながら施工しているユーザーがいたりする。ウインドウフィルム施工の注意点と最新事情

 もちろんそのようなケースは「窓ガラスに施工した状態で透過率70%以上」という規制値をクリアするフィルムを貼る訳だが、実際に施工すると車検に通るギリギリの場合も多いという。ウインドウフィルム施工の注意点と最新事情

 その理由は純正ウインドウがすでに着色されているから。高級車ほど紫外線や赤外線の遮断フィルムがしっかり仕込まれており、透明に見えてもすでに何%かは透過率が落ちているのだ。施工したいフィルム単体では透過率70%以上を確保していても、実際に貼ると70%を下回るケースでは当然、施工NGとなる。ウインドウフィルム施工の注意点と最新事情

 フロントとサイドの純正ガラスで透過率が異なる車種も多く、同じ色目のフィルムが貼れないケースも多いという。専門店に行けば透過率を計測しながら最適なフィルムを選ぶことができるので、ちゃんとカスタムしたい人はプロに相談するようにしよう。

 また、フィルムは経年劣化で透過率が落ちる場合もあるので、保安基準をギリギリでクリアするようなフィルムは避けたほうが無難。安全のため、透過率の定期的なチェックも忘れず行ないたい。

画像ギャラリー